とうふday

【評価・使用レビュー】EZONE 2018最新モデルの特徴・おすすめガットまとめ!【大坂なおみ選手使用モデル】



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

f:id:nututenpura:20180930114549j:plain

どうもーぬつですー

今回は今一番注目されていると言っても過言ではない、
YONEX EZONEシリーズについてまとめます! 

EZONEのラインナップ

EZONE 98

ニック・キリオス選手、大坂なおみ選手使用モデル

上級者向けのラケットとしては比較的柔らかめの打感で、スピンもよくかかります。

ヨネックスのラケットの特徴でもあるのですが、スイートスポットが広く当たり損なってもボールが飛ぶので、コートカバー力も高いです。 

 

ライムグリーンと2色展開になります。

EZONE100

100インチ300gの黄金スペックモデル。

同スペックの中でも反発力が強く、ボールスピードが出ます。

 

反発でボールを飛ばすだけではなく、つかむ感覚もあるので、
アングルショットなども打ちやすいです。 

 

98インチと同じくライムグリーンと二色展開になります。

EZONE LITE 

100インチ270gの初心者向けスペック。

打感の柔らかさ、取り回しの良さから女性・シニア選手にも人気があります。

 

軽量ラケット特有の打感の空洞感もないので、ハードヒットもできます。

 

ライムグリーン、ピンクの二色展開。

EZONEの特徴

圧倒的攻撃力! 

ボールをつかんで飛ばすので、ショットにスピードが出るのはもちろん、
角度をつけてえぐるようなショットも打てます。

 

最近では大坂なおみ選手のプレイをテレビで見る機会も多いと思いますが、

ちょっと難しい角度でも積極的に打って行ったり、
ショットの切り返しが難しい場面でも自分からコースを変えて配球・攻撃してますよね。

 

ラケットが反発だけで飛ばしているとアウトしてしまうようなショットでも、
ボールをつかんでる分、ボールをしっかりコントロールできるのです。 

スイートスポットが広い

YONEXのラケット全般に言えるのですが、特徴的な四角いフォルムはスイートスポット(ボールが当たるとちゃんと飛ぶ位置)が広めです。

 

そのためラケットの先っぽや根元に当たってもミスショットになりにくく、
前後左右に振られていても粘り強く返球できます。

コートをカバーする力があるラケットになっています。

EZONEの良いところ

  • ショットにスピードが出る
  • ボールをつかむのでコントロールが良い 
  • スイートスポットが広いのでコートカバー力が高い 

EZONEの悪いところ

  • 打感が柔らかいので硬い打感が好きな人には向かない
  • 四角いフォルムに好みが分かれる

正直EZONEにデメリットは見つからないくらい完成されたラケットです。

あるとすれば使う人の好みの問題くらいです。

 

HEADのラケットもそうですが、各メーカーごとにラケットに特徴があるので、
人によって合う合わないがあります。

YONEXもラケットに特徴があるので人によって好みが分かれるラケットになっています。  

EZONEにおすすめのガット

ラケット自体にパワーがあり、ボールを飛ばすので、
ポリエステルをはじめとした硬めのガットがおすすめ。 

ポリツアープロ 

ガットのカラーはピンク・ブラック・イエローの3色です。

タフブリット

ポリとナイロンのハイブリッドガット。

スピンがよくかかり、打感はやわらかめです。

RPMブラスト

反発力があるガットなので、より攻撃的なテニスができます。 

 

その他のガットのおすすめについてはこちらをどうぞ

まとめ

EZONEは近年のラケットの中でも完成度の高いラケットになっています。

初代のEZONEは柔らかすぎてイマイチ・・・というのが正直な感想でしたが、
今では柔らかさと硬さが両立しており、うまく組み合わさることで攻撃力が高いラケットになっています。

 

筆者も最初は四角いフォルムが苦手ということで敬遠していたのですが、
一度使ったら打ちやすさにハマってしまい、すぐに2本買ってしまいました。

 

最近では大坂なおみ選手の活躍もあって人気のラケット。

品薄のお店も多いので、見つけた際は要チェックです!