とうふday

【中上級者向け】並行陣が上手くなる攻めと守りのボレーについて



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

f:id:nututenpura:20180630152437j:plain

 

どうもーぬつですー

 

突然ですが皆さんはボレーをするときにただ決めるだけ!になってませんか?

 

テニスのレベルが上がるにつれてボレーの駆け引きがダブルスでは大切。

男女、ミックス関係なくです。

 

そこで今回はボレーの駆け引きで大事になる

攻めと守りのボレーについてまとめます。

 

 

ボレーの駆け引きとは

ダブルスではレベルが上がるほど並行陣での試合展開が多くなります。

テンポが早いのでストロークだと攻めきれないことが多いためですね。

ネットについてると角度もつけられやすいのできついです。

 

特に男子ダブルスはガンガン前に出てきます。

ちなみに筆者は後衛にいてもチャンスがあればガンガンネットに詰めます。

リターンダッシュもしますしね。

 

並行陣にも前衛、後衛があり、

同じようにネットに詰めていても攻めている側と守る側に微妙にわかれます。

これを読み取れないと並行陣では競り勝てません。

 

攻めのボレーとは

並行陣ではローボレーでのラリーが基本になります。

展開の中でいかにネットより高い位置で叩けるかが並行陣で勝つためのポイント。

 

ただ、ボレーが上手い人ほどボールが浮きません。

それこそネットすれすれを通してくるので無理に叩こうとするとネットします。

 

そこで攻めるためには仕掛けのボレーが必要になります。

仕掛けのボレーとは

  • あえて弱く遅めのボールを打って相手にハーフボレーをさせて浮かせる
  • 逆にハーフボレーで早いボールを相手の体の近くに打って浮かせる
  • サイドに打って相手の体勢を崩す

 

これらがあります。

ロブボレーやドライブボレーといった攻撃的な選択肢もありますが、

シンプルなボレーの方がミスが少ないです。

 

大事なのは、

一定のペースでローボレーのラリーになるのではなく、

ボールのスピードや軌道を変えて決めるボレーに繋げることです。

 

もちろんサーブからのポーチボレーで決めるのが理想ですが、

リターンが上手い選手だとそうもいきません。

 

ダブルスで勝つには並行陣で攻撃の上手いペアが勝てます。

 

守りのボレーとは?

攻撃の反対で相手が仕掛けてきたらそれを思い通りにさせないよう

守る必要があります。

まず大切なのがボールを浮かせないこと

早い人は相手の足元にボールが落ちた瞬間詰めてきます。

もちろんどうしても浮かさないと返球できないボールがあるのも事実。

 

そういう時は、

  • ロブなどで相手を下がらせる
  • 厳しい角度で相手に打たせない

 

これら守りのボレーが必要になります。

 

ネットに詰めてきてるということは後ろがガラ空きなのでロブで頭抜ければ崩せます。

ネットに近いと対応できる範囲が狭くなるので角度をつければ

相手が取れない可能性があります。

 

ただ、ロブが浅くなればスマッシュ打たれるし、

角度が甘いと逆に角度つけられて相手に得点されてしまいます。

 

駆け引きの中でベストなショットを選ぶ必要があります。

 

早い展開に慣れることが大切!

並行陣はとにかくボールのスピード、展開が早いです。

しかしダブルスの見所でもありますので、

並行陣ができるようになるとテニスがより楽しくなります。

 

ボレーの攻めと守りはラリーの中で慣れることが大切

特に早い展開でボレー同士のラリーをすればショットの選択肢もあっという間に増えていきます。

 

習うより慣れろ!です。

並行陣の中で攻めと守りのボレーを意識してみてくださいね。