とうふday

ダブルフォルトを減らすコツは2本のサーブを同じ加減で打つこと!



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

どうもーぬつですー

 

みなさんはサーブは得意ですか?

私はサーブ&ボレーが好きな典型的なダブルスプレイヤーなので、サーブは結構得意としています。

 

f:id:nututenpura:20180519204246j:plain

  

自分のサービスゲームをキープするためには、

ダブルフォルトはしないのが鉄則。

1本以上してしまうと相手にブレイクされる可能性が高くなります。

 

ダブルフォルトをしてしまうのは精神的なプレッシャーからしてしまう人が多いのですが、実は2本のサーブを同じように打つだけで格段に減るのです。

 

ファースト力一杯!セカンドそろーりになってませんか?

ダブルフォルトが減らない人に多いのが、

ファーストサーブはものすごい目一杯力入れて速い球打つけど、セカンドサーブはそーっと当ててなんとか入れようとする人。

 

結論からお話すると、

こんなサーブを打ってる人はいつまでもダブルフォルト減らないし試合でも勝てません。

 

なぜならサーブの打ち方が違いすぎて、もはや別人が打ってるようなものだからです。

 

プロや身近の上手い人でセカンドサーブをラケットに当てるだけの人なんていますか?

 

ファーストもセカンドも同じようにラケットを振り抜いているひとがほとんどだと思います。

 

ダブルフォルトを減らしたいなら、

サーブはファーストとセカンドで打ち方を変えすぎてはいけないのです。

 

2本とも7割くらいの力加減で打つ

ダブルフォルトを減らすサーブとは、

2本のサーブを2本とも7割くらいの力加減で打つのがポイント。

 

ダブルフォルトが多い人のサーブをファースト100%、セカンド30%の力加減で打ってるとしたら、間を取ったようなイメージですね。

 

そんなんじゃ相手に攻め込ませるよ!

と、思ったあなた、

ダブルフォルトしてたらラリーは始まってすらいませんよ(・∀・)

 

ラリーをはじめたら相手に打ち込まれる可能性もあればミスしてこっちのポイントになる可能性だってあります。

 

打ち込まれる!なんて思うのは図々しい考えです。

まずはサーブをきっちり入れて試合を始めるところからはじめましょう。

 

ダブルフォルトは試合の勝敗に大きく左右する!

ちょっときつめの口調で書いてきましたが、ダブルフォルトは試合の勝敗に大きく左右します。

 

自分からミスするのと、相手にポイントを取られるのでは、同じ失点でも精神的なダメージが大違い。

 

精神的に参ってくると身体も硬くなりますし、簡単なショットまでミスするようになればイライラもします。

 

そうしたらもはや勝ち目はありません。

 

サーブテニスの中で唯一自分のタイミングで打てるショットです。

サーブで自分のリズムをちゃんと作ることで、リターンを攻めたり、最終的に試合勝つことができるのです。

 

全力より多少弱めでもサーブをしっかり入れてダブルフォルトしない、そのためには2回あるサーブのチャンスを同じように打てるようになれば、ファーストサーブをミスしてもセカンドをきっちり入れられます。

 

サーブを同じ力加減で打つのは誰にでも簡単にできるルーティーンです。

試合勝てるようになるために自分のテニスのリズムをサーブから作るようにしましょう。