とうふday

【上級者向け】ガットのテンションを低く・ゆるゆるで張ることのメリット・デメリット

f:id:nututenpura:20180506173544j:plain

 

どうもーぬつ(@nututen)ですー

 

突然ですがテニスプレイヤーのみなさんは

ガットのテンションをどのくらいで張っていますか?

 

ショップの人やスクールのコーチなどに聞いて張った場合、

「平均50ポンド」前後の方が多いと思います。

 

一般的なガットの張りについてのお話はこちらをどうぞ

 

しかし最近私は

ガットのテンションをものすごく低くして張っています。

 

平均からみるとゆるゆるガットで、

もう少しで軟式テニスに到達するレベルです。

 

最近ではプロの世界でもガットをゆるく張る選手も増えており、

今回はそんなゆるゆるガットのポイントについてまとめます。

 

 

筆者のガットについて

筆者のラケットのガットはこんな感じ

 

ガット:babolat RPMブラスト1.35mm

縦糸:42ポンド

横糸:40ポンド

 

1.35mmの縦横ポリエステルガットなんて

学生の時以来張りました(

 

50ポンド台で張ったら固すぎて鉄板ですからね・・・

ヒジを間違いなくやってしまいます。

 

以前は

縦ナイロン、横ポリエステルで、

1.30mmのガットを使っていました。

 

ガットを太くしたのは

テンションを下げることで打感がやわらかくなり過ぎるのを防ぐためです。

 

ゆるいガットのメリット

余計な力が入らない

テンションが高いと深く良いショットを打つために

どうしても力みやすくなります。

 

しかしゆるいガットなら軽い力で深く速いショットが打てます。

力まないことで変なミスも減ります。

 

また、力みがなくなるだけで体力的にも楽です。

フルパワーで撃ち続けるより軽めの力で楽に打った方が

同じテニスでも疲れ具合がかなり変わります。

 

ボールのスピードが速くなる

ガットをやわらかく張ることで

ガットがボールを飛ばす力が強くなります。

 

同じスイングスピードだと

ガットのテンションが低いほうがボールのスピードが上がります。

 

ストロークやサーブなんかはかなり恩恵を受けますね。

 

また、ガットが柔らかいことで

ボールがガットに食い込みます。

 

なのでラケットがボールをつかむ時間が長くなり、

しっかり打ってる感覚、打感がありつつ、

スピードのあるボールが打てます。

 

バランスが崩れてもいいボールを返せる

相手にいいショットを打たれ、

自分が苦しい体勢でボールを打つと

どうしてもチャンスボールになりやすいです。

 

しかしガットがゆるいと

少しの力でボールをしっかり飛ばしてくれるので、

体勢が崩れてバランスが悪く、力が入らない時でも、

カウンターが簡単に打てるようになります。

 

ボレーの球際が強くなる

平行陣などボレーを多用する場面では、

攻撃されてる時でも守りの返球が求められます。

 

特にきつい体勢や体に近いところでボレーするなど、

時間がなく厳しい状態、体勢がきつい状態で

ボールを打つ瞬間を球際と言ったりします。

 

ガットが柔らかいと相手のボールの力を利用して

ラケットに当てるだけでも深く返球できるので、

球際がとても強くなります。

 

つまり、

ボレーが粘り強くなるということですね。

 

ガットのテンションが高いと

ストロークなどで飛びを抑えてくれるのでスイングが速い人にはいいのですが、

反対にボレーが飛ばなさすぎてブンブン振り回す人も多いです。

 

ブンブン振り回すとボレーのミスも多くなる、

特に球際が弱いです。

 

ボレーが苦手な人にも

ゆるいテンションはおすすめです。

 

デメリット

コントロールが難しくなる

ボールの飛びがよくなる分、

まずアウトミスが増えます。

 

ドロップショットなど

短く狙ったショットがチャンスボールになりやすく、

角度をつけたアングルショットはアウトしやすいです。

 

威力が上がる分コントロールをつけるのが難しいです。

 

変えた当初は調子が悪くなるかも

ガットのテンションを下げると、

今までとショットの感覚は大きく変わります。

 

特にボールの威力をあげたいがため、

スイングスピードがある人がテンションを下げると

ほぼアウトになるでしょう。

 

回転量をあげたり、

軌道を低くしたりしてショットを調整する必要があります。

 

筆者も最初ものすごい調子が悪くなって

試合前なのに大ピンチだったのですが、

 

慣れるとサーブは速くなるわ球際は強くなるわ

苦手なストロークでエースが取れるようになるわで

いいことづくしでした。

 

もちろん合う合わないがあるので、

合わなければすぐにやめるようにしましょう。

 

ラケットと複数本持ってるのであれば

1本だけテンションを下げるなどして試してみるようにしましょう。

 

 

まとめ:ゆるゆるガットは今後のトレンドになるかも

最初調子を落としてる時に勧められて

テンションを落として張ってみましたが、

これがどハマりしました。

 

錦織選手が手首の怪我をきっかけに

ガットのテンションを37ポンドにしたことで

ゆるゆるテンションが注目されましたが、

もしかしたら今後上級者を中心に人気が出るかもしれません。

 

 

初心者〜中級者には

コントロールが難しいかもしれませんので、

各ショットに自信がついてから使うのをおすすめします。

 

今よりもショットの威力をあげたい、

ボレーを上達して平行陣でガンガン攻めたい方は

試してみてくださいね!