とうふday

【2018年最新】テニスコーチがおすすめ!人気テニスラケットランキング!



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

この記事は 

  • 今現在人気のラケットが知りたい!
  • どのラケットが人気で使ってる人が多いの?
  • スペックの高いラケットがどれか知りたい!

このような方に読んで欲しい内容になっています。

 

どうもーぬつですー

 

今回はラケットメーカー、レベル・腕前に関係なく、

実際にテニススクールでコーチをした経験から、

使ってる人が多い、人気のラケットランキングについてまとめます!

 

f:id:nututenpura:20180424090759j:plain

 

初心者向けのテニスラケットはこちらをどうぞ

最新のおすすめガットについてはこちらをどうぞ

 

 

文中の単語の意味

  • 〜インチ=ラケット面の大きさ(フェイスサイズ)
  • 〜g=ラケットの重さ
  • 黄金スペック=フェイス100インチ、300gのラケットのこと
  • ボールタッチ=ボールをラケットでコントロールする時の感覚のこと

 

10 HEAD ラジカル

アンディ・マレー選手使用モデル。

 

HEADのラケットの中でもスピンがよくかかるシリーズで、

昔から人気のあるモデルになっています。

 

100インチのMPが一般のテニスプレイヤーに人気で、

学生や力のある人にはマレー選手使用のproスペックがおすすめです。

(重さが違います。)

 

 

 

9 スリクソン REVO CV3.0

スリクソンの黄金スペックラケット。

(黄金スペック=フェイス100インチ、300gのラケットのこと)

 

他メーカーの同じスペックの中でも特に柔らかい打感になっており、

ボールタッチを重視したいボレーヤーに好まれる傾向があります。 

 

ストロークも強いスピンをかけられるので、

男女問わず中〜上級の人に人気があります。

 

 

8 Prince TOURPROシリーズ

ゴリゴリのストローカーに人気のラケット。

 

中〜中上級には100XRが人気ですが、

上級で試合に出るような選手には95XRが人気があります。

 

フェイスサイズ95インチのラケットの中でも

取り回しがしやすく、

力強いストロークと威力のあるサーブが打てます。

 

 

 

7 willson PRO STAFF RF97 AUTOGRAPH

ロジャーフェデラー選手使用モデル。

 

ラケットの重さが340gと

現在販売されているラケットの中でも最重量クラスですが、

実は結構使ってる人も多く私自身スクールで結構売ったので、

売上本数的にも多いです。

 

PROSTAFFは長く販売され続けている、

昔から人気のラケットになっています。

なので、新作が出るたびに予約する人がいるくらいです。 

 

フェデラー選手の全盛期を知る

中高年の男性に特に人気があります。

 

以前は95インチでしたが、

97インチになったことでより人気が出ました。

 

重さがあるので振り抜いて使おうとすると難しいラケットですが、

力強いショットにも負けない面の安定感が魅力。

フラット系のショットの選手が使うと、

爆発的な破壊力になります。

 

ナチュラルなど柔らかいガットを低いテンションで張るのがおすすめ。

間違っても縦横ポリエステルなんて張ろうものなら肘と手首が粉砕します( 

 

 

6 BURNシリーズ

錦織圭選手使用モデル。

 

錦織選手は95インチ使用ですが、

一般プレーヤーに は100インチのラケットが人気です。

 

100インチのラケットの中でも

パワーがあるので速いショットにも当たり負けしません。

 

男女問わず

中級〜中上級くらいの方に特に人気があります。 

 

 

5 スリクソン REVO CX2.0

スリクソンの競技モデルラケット。

最大の魅力はボールコントロールがしやすいこと。

 

ハードヒットはもちろん、

ネットプレーで丁寧にコースをつくコントロールも苦としないので、

上級クラスの選手に人気がある競技向けのラケットです。

また、配球がしやすいのでテニスコーチで使ってる人も多いです。

 

競技モデルのラケットの中では

スピンもかかりやすく、

サーブの威力にも定評があります。

  

 

4 v-core SV98

西岡良仁選手、

アンジェリク・ケルバー選手使用モデル。

 

厚みのあるラケットの中でも重さがあるので、

相手の早い、重いショットに対して強烈なカウンターを返すことができます。

 

力負けしないストロークの力強さ、スピン量が多い点が魅力で、

男女、腕前問わず幅広い年齢層に人気があります。

 

早い人では初中級レベルの人でも使えるラケットになってます。

もちろん上級者でも使ってる人は多いです。

 

 

3 E-ZONE 98

ニック・キリオス選手、

大坂なおみ選手使用モデル。

 

このラケットの特徴は

どの軌道でボール打ってもバウンド後のボールの跳ねが強く、

相手に差し込めるショットが打てること。

 

筆者も現在使用しているのですが、

似ているスペックのラケットの中ではボールの威力が桁違いです。 

 

威力だけでなく、繊細なボールコントロールも苦としないので、

ボレータッチもいい感じです。

筆者が今まで使ってきたラケットの中でも一番気にいってます。

 

バワーもありますし、スピンもよくかかる、

特にスライスサーブやキックサーブなど、

軌道が変化するサーブが打ちやすいですね。

フラットサーブもバウンド後の伸びがすごいので、

エースもバンバン取れます。

 

大坂なおみ選手もこのラケットになって

以前にも増してサーブに磨きがかかり、現在の活躍に繋がってます。

 

ただ、このラケットはボールを飛ばすラケットですが、

狙いをつけたりコースを明確に決めて打たないと

その威力を発揮しません。

 

つまりピュアアエロやピュアドライブのように

どんなボールも同じようにバンバン飛ばしてくれないのです。

 

なので、ボールタッチやコントロールが身についてないと

使いにくいかもしれません。

そのため、適正としては上級に近い中上級クラスか、

上級クラス、競技向けのラケットになってます。

 

 

2 ピュアアエロ

ラファエル・ナダル選手使用モデル。

 

言わずもがな多くの人が使ってるラケット。

試合に出ればこのラケットを見ないことはありません。 

 

高反発・高威力のショットが簡単に打てるのが最大の魅力。

とにかくボールを飛ばすので、

ボールコントロールがちょっと苦手なラケットですが、

それを補って余る威力があります。

 

何よりデザインがカッコいいので、

多くの人に人気があります。

 

スペック的には中上級〜上級向けのラケットです。 

追記

ピュアアエロの新作が発売されました。

シリーズ最高傑作を試打してきましたので要チェックです!

 

 

1 ピュアドライブ

現代のテニスを象徴するラケット。

 

高反発で打ちやすいラケット(100インチ・300g)のことを

黄金スペックと呼ぶのですが、

全てのメーカーの黄金スペックのラケットは

ピュアドライブを真似して作られたとも言われるレベル。

 

ピュアアエロはピュアドライブをよりスピンに特化したラケットなのですが、

ピュアドライブは人を選ばない誰でも使える万能性が魅力。

 

フラットで打てばスピードのあるボールになり、

スピンをかければ思った通りの回転がかかります。

 

ラケットのクセがなく、

使用者の意思を純粋にショットに伝えるラケットになっています。

 

しかしクセがないということは、

悪く言えば決め手に欠けるラケットとも言えます。

 

使用してる人は多いですが、

試合に数多く出てるような選手、

上級レベルになると使ってる人はかなり少ないです。

 

上級の試合ではクセがあってもショットに強みを出さないと勝ちきれないので、

ピュアアエロをはじめ、ショットに強みのあるラケットが好まれるためです。

 

個人的には

ピュアドライブは初中級〜中級者向けのラケット

だと思います。

 

上級の人が使わないのは先ほど書いた通りですが、

入門〜初級で使ってしまうとあまりのボールの飛ばしっぷりに

ボールをコントロールする感覚が身につきにくくなるためです。

 

ボールを打つ感覚を持った上で使うには最適のラケットなので、

テニスを初めてボールが打てるようになってきた!

今よりもステップアップしたい!

そんな方におすすめです。

 

個人的には現行モデルよりも1つ前のモデルの方が

カッコよくて好きですね。

 

 

 

まとめ:人気のラケットは常に変わります!

今回のランキングは私が担当しているお客さんや

普段の練習、試合会場でよく見かけるラケットを中心にご紹介しました。

 

結構いろんな場所で不特定多数の人とテニスをしていることもあり、

多くの人のラケットを見てきたので参考になればと思います。

 

私自身テニスコーチということもあり、

テニスラケットの移り変わりは本当に早いなぁと感じています。

 

人気のラケットは常に変わりますので、

定期的にチェックしてみてくださいね!

 

ガットについて知りたい方は

こちらの記事もあわせてどうぞ!