とうふday

【大金星】2018年全豪オープンで杉田祐一見せた進化

どうもーぬつですー

 

全豪オープン盛り上がってますね!

錦織圭選手が欠場してる中でも日本人選手が頑張ってます。

 

注目すべきは現在キャリアハイ、

世界ランキング41位の杉田祐一選手

 

https://amd.c.yimg.jp/im_siggJwKWjvoFHjS.GDV1kYy4KA---x320-y400-q90-exp3h-pril/amd/20180115-00010010-tennisnet-000-2-view.jpg

 

去年末からメキメキとランキングを上げてきて、

全豪オープンでは注目選手の1人となってました。

 

そして1回戦で世界ランキング9位のソック選手を倒す大金星!

ソック選手といえば若手の有望株で、

フォアハンドがナダルかな?と思わせる威力のあるショットが特徴

直近ではバックハンドも強力になってきてトップランカー入りも近いと言われていた選手です。

 

杉田選手は初めてのトップ10ランカーを、しかも1回戦で倒したと言うことで

全豪オープン最初の大事件」と地元紙が報じるほどの番狂わせとなっております。

 

先日私も杉田vsソック戦を録画で見たのですが、

以前見た時とは別人すぎてびっくり!

 

今回は杉田選手が全豪オープンで見せた進化について書いていきます。

 

 

以前の杉田選手とは

私のこれまでの杉田選手の印象としては

「ひたらすらつなぐラリーの人(勝ちきれない)」「頻度の低いカウンターテニス」

という印象がずっとありました。

 

ベースラインの少し後ろで相手のボールをひたすらつなぎ続けて、

チャンスがあればカウンターを狙う。

 

正直現代のテニスのスタイルとしてはあまり勝てないジャンルのスタイルです。

スピンゴリゴリ、威力重視のパワーテニスに、体格やパワーで負ける日本人選手はかなり不利です。

現に近年テニスが盛り上がってる中でも、錦織選手の話題ばかりで、

杉田選手はほとんど話題にも出てきませんでした。

 

グランドスラムのような大きな大会では予選で負けることも多かったし、

本戦でもだいたい1回戦で負けていたので大抵ハイライトで終了。

 

しかし先日の杉田選手のテニスは180度違ったプレイをしていたのです。

 

杉田選手が見せた進化

フォアハンドの威力

まず最初に驚いたのが、フォアハンドの威力。

今まで杉田選手のショートクロス(角度をつける決めるショット)なんてほとんど見たことがなかった。

 

それだけでなく相手のミスショットをついたのではなく

自分からラリーで仕掛けて、正直打つのが難しいかな?と言うタイミングで、リスクをとって攻めて競り勝ったのがびっくり

 

今までの杉田選手だと想像もつかないショットです。

 

ショートクロスだけでなく、ネットに詰めてきた相手の横を抜くパッシングショットや、

ラリー中に相手を大きく左右に走らせる展開など、

「この人本当に杉田選手?」と思わせるほどの覚醒ぶり。

 

これほどのフォアハンドを打てるのであればグランドスラムでも上位進出は目ではありません。

 

サーブの進化

杉田選手はスピンサーブを多く使う選手なのですが、

今までは跳ね方が中途半端で、外国人選手のように身長が高い選手だとちょうど打ちごろの高さでリターンを叩かれることが非常に多かった。

 

しかし今回の全豪オープンでは、サーブのスピードが上がったことに加えて、スピンサーブをボディに使ったり、角度をつけてオープンコートを作るなど、サーブで積極的に攻めてたのが印象的でした。

 

元々リターンのいい選手だったのでサーブが課題だったのもあったのですが、

世界ランキング9位の選手に途中まで6-1,4-1で圧倒的にリードするなど、

サーブの進化によりリターンがより際立ったのがセットポイントにも現れています。

 

SPONSORED LINK

 

 

メンタルの成長

先日のソック戦、途中6-1,4-1でリードしていたのですが、

2セットめ4-1から4-5に逆転される展開がありました。

 

その時は杉田選手が自分からバンバンミスをしていたので、

「覚醒が終わったのかな?」なんて思ったのですが、

最終的にタイブレーク7-4でセットを取りました。

 

ソック選手は杉田選手が自分から崩れてくれた隙にものすごい攻めてきたので、

「あーこれは流れ行っちゃったかなー」

なんて思ったりもしました。

 

テニスにおいて自分から簡単にミスして失点するのは試合の中で1番よくない失点方法です。

しかもどれも簡単なミスばかり。

1番メンタル削られるのではないでしょうか。

 

しかし杉田選手はそこで崩れることなく、

進化したサーブでリズムを作り直すことで競り勝ちました。

 

2セットめを取った時点で「これは勝ったな」と思わせてくれた杉田選手。

メンタルの成長が目に見えてわかった瞬間でもありました。

 

まとめ

「お前何様やねん!」

とどこかから聞こえてきそうなくらいに偉そうに解説してきましたが、

杉田選手は昔から注目されつつも世界レベルでは勝ちきれず、日本でもあまり話題にならなかったのが残念だったファンとしては今回の活躍がとても嬉しいのです。

 

今回の全豪オープン、杉田選手の昨日のテニスの内容だと

ベスト4まで勝ち上がれるポテンシャルを感じました。

 

さすがに準決勝で順当に行けばナダル選手と当たるので、

まだbig4には勝てないかな・・・とは思いますが、

ソック選手に勝ったのはかなり大きいです。

 

順当に行けばすぐ隣にいる西岡選手と対決するかもしれませんし、

個人的大注目選手、ニック・キリオス選手との対戦も実現するかもしれないので、

今回の全豪オープン、杉田選手の活躍が光ることは間違い無いでしょう!