とうふday

はれのひバックれ問題について同業他社で働いてる私が語る〜着物レンタル業界がいかに時代遅れでヤバイ運営してるか教えます〜

f:id:nututenpura:20180109144651j:plain

 

どうもーぬつですー

 

成人の日に行われる成人式、

一生に一度の晴れの日にも関わらず着物・振袖レンタルを営んでいる「はれのひ」という会社が当日になって雲隠れするという前代未聞の事態が発生しましたね。

 

私も今同業他社でホームページ作ったりSNS運用と言ったインターネット戦略について考える仕事をしているので、決して人ごとではないということからこの記事を描き始めた次第であります。

 

結論から申し上げると、

着物レンタル業界、ひいては着物業界は問題だらけ

正直今回のはれのひ問題も起きるべくして起きたかなといった印象です。

 

今回はそんな着物レンタル業界がどれだけヤバイのかについて

現在同業他社で働いてる私が語ります。

 

 

着物レンタル業界の実態について:2年先の客を取る

現在少子高齢化ということもあって、

成人式の着物をレンタルしてくれるお客さんは同業他社の中でものすごい取り合いになっています。

 

着物は正直お客さんの好みの部分が大きいので、

差別化できるとしたら価格、付加価値といったところだけ。

 

私が働いている会社はフォトスタジオを併設しているので、

成人式の前撮り+ヘアメイク+着付けをまとめて請け負っているのを売りにしてますが、価格をかなり抑えているので、正直利益率はあまり高くありません。

(大きい会社では当たり前だし、安くしないと他に客取られる)

 

というか人件費が高すぎて利益率が低いということもある(詳細は後述)

 

前撮り写真のアルバムが高いのが売れれば利益率が上がってくるといった感じです。

 

差別化があまりできない以上、早く動いて早くお客さんに契約してもらうのが業界の常識。

現在では高校卒業した瞬間にアポイントを取って契約にこじつけます。

18歳の時に2年後の成人式のことなんて普通考えないですよね?(

しかし、女性はいい着物を確保するために2年前でも結構契約してくれます。

 

ただ、2年前から契約を取っていると、契約した年にお金は入ってきても2年後に会社の経営状態が悪くなってその時には契約時のお金なんてないので成人式当日の着付け師やメイクスタッフの外注費が払えないなんてこともある。(基本現金前払い)

=今回のはれのひのように2年後は身動きが取れなくなってバックれが発生する。

 

着物のレンタル業界は常に自転車操業のようなものなのです。

 

外注多すぎ&高過ぎ問題

先ほどもちらっと触れたのですが、着物レンタルに欠かせないのが着物の着付け師とヘアセットとメイクをするヘアメイクさん

これらは外注するのが基本というのが着物レンタル業界の常識らしい。

(着物売ってる会社は売るために着付けたりするから自社で着付け師雇ってたりする)

 

ただ、2年前から外注を確保できればいいけど、必ず確保できる保証はありません。

外注する着付け師やヘアメイクさんは個人事業主の人が多いです。

会社に属している人材ではないので、単価がいいところがあればそっちに流れるのは当然のこと。

 

なので外注費がとにかく高い。

今いる会社の決算書を見る機会があったのですが、

成人式に必要な外注さんの人件費(前撮り撮影にかかる人件費含む)と、会社が直接雇用している正社員の人件費がほぼ同じでした。

つまりその時だけの外注さんに払う費用と、週5日1日8時間とか働く正社員の給料が同じなんです。

ノウハウも残らない利益率も上がらない高いだけの外注・・・

もはや外注の意味とは(

 

だから外注費が高過ぎて会社にお金が全く残らないし、従業員の給料は外注さんに払う分を確保するためにものすごく低く抑えているので長く働いてもらえない。

 

着物レンタル業界はお金もなければ人手も足りないブラックなのです。

 

今回のはれのひ事件も、2年前に契約取ったはいいけど、いざ成人式の年になったらお金がすでになく、外注が手配できなかった。

加えて従業員に払う給料もないので成人式当日の着付けを回せる人数がいないということでバックレる結果になったのではないかと思います。

 

ニュースでも従業員が自費で出し合って人集めてなんとか着付けしようとしたらしいけど、成人の人数に対して圧倒的にお金が足りなくてスタッフ確保できず、結果着付けできなくなってしまったらしいけどね。

 

というか自社で雇用するよりも必要な時だけ外注雇えばいいという考えが浅はかすぎる。

(詳細は後述の着付け師の高齢化をご覧ください)

 

必ず確保できる確証はないし、自前である程度着付け師とヘアメイクは確保しておく、もしくは育てるといったことをしなかったから今回のような事態が発生したのだから。

 

ちなみに私の会社でも先日の着付け師の人数が足りなく、お客さんに時間をずらしてもらうなどして対応してました。

だって9割外注の着付け師だからね!他社に取られたりもしたよね!

 

あまりにも計画性がなさすぎる。

 

SPONSORED LINK

 

 

着付け師の高齢化:ますますバックれが発生するかもね

着付けやヘアメイクは外注するのは当たり前と書きましたが、

ヘアメイクさんは美容師からなる人も多いので若い人もまだまだこれから増えると思いますが、こと着付け師についてはそうはいかない。

 

まず若い人で着付け師目指す人がいない。

加えて今活躍してる着付け師も高齢化がものすごい進んでいる。

 

外注のメリットとしては、使えなかったら他の人にすぐ切り替えられることがありますが、そもそも母数が少ないのでどれだけ無能でもお願いしなければならない。

もはや外注のメリットとry

 

成人式当日はものすごい数の人の着付けをするので体力勝負です。

ただでさえ着物は重いので力もいるというのに。

 

着付け師が高齢化すると時間内で着付けできる人数が少なくなります。

外注の単価は変わらず、しかし着付けの人数は減る。

 

2年前なら時間内に着付けできるから契約取るも、2年後になって成人式の当日のスケジュール組んでる時に入る予定だった着付け師が引退してたり、もう捌けないと言った理由で契約分の成人の着付けする人数が足りなくなる。

=対応しきれないのでバックれ

 

こんなことがあったのではないかと想像できる。

私のいる会社に出入りしてる着付け師もほとんど60歳以上です。

 

客だけでなく着付け師も業界内で奪い合いになっているので、

今回のはれのひ事件のように当日の着付けができません。なんて事態が起きうるのはもちろん、そもそも着付けできる人間が高齢かつ減ってきているので、外注費なんかもより高くなる。

 

結果着物レンタル会社の金銭的負担は増えて会社にお金がない

=2年後の成人式に払う外注費がなくて人が足りない=バックれとなる。

完全な悪循環。

 

成人式当日の着付けできないのに2年前に契約はしてるなんてもはやただの詐欺ですわ。

 

しかし良いように見れば着付け師になれば必ず仕事があるでしょう。

激務でも良いのであれば着付け師目指して見るのも良いかも?(

 

これから成人式の着物をレンタルする人に言いたいこと

着物レンタルの会社から

「いい着物を選びたければ2年前からがオススメ!」なんて言われても

絶対契約しないほうがいいと思いますよ。

 

だって2年後にその会社がなくなってればいい着物も何もあったもんじゃないですからね(

 

実際着物レンタルの会社には成人式の半年前ですらほとんどの着物が残ってるので選びたい放題です。

 

2年前から契約を取るのは、

着物レンタル会社が運営していくためのお金(現金)を確保するために無理やり契約させてるのが主な理由なのです。

 

私の会社ではクレジットカード払いに対応していなく現金振込みか毎月分割で振込んでもらう支払い方法なので、なぜクレジットカード対応しないのか聞いたところ、

 

「外注に払う現金を確保するためだ」とシャチョーさんに言われました(

 

なので2年前から分割でレンタル費用払うのではなく、

2年間でお金を貯めて、一括でレンタル代を払うように計画しましょう。

間違っても2年前に契約してはいけません。

今回の当日着付けができないなんて事態を発生させないためにも。

 

まとめ

不満を漏らしつつ長く書いてきましたが、

着物レンタル業界は、

・計画性がなく、行き当たりばったりな会社運営(自転車操業

・慢性的な人手不足、金銭不足

外注さんはどうせいっぱいいるんだから、必要な時だけ雇えばいいという無計画さ、考えの古さ(外注さんの母数は減ってきてる)

 

こうして見るともはやどうしようもないレベル(

会社に残ってる人間が古い考えの人ばかりなので一向に良くならないのが今の着物レンタル業界の悪循環を生み出しているのかも。

 

私のいる会社は他の会社よりも多少マシで、これから着物レンタルだけでは生き残れないと、他の事業を積極的に展開するために私が外注で入ってネット周りの整備をしていますが・・・しかし私も外注なんです(

 

正直実態があれだったので私自身最短で契約切るつもりではいます。

 

着物の価格も下がってきてるので自分で着物買って着付けはおばあちゃんにやってもらうというツワモノもいれば、そもそも最近の若い人は成人式に着物を着ないでいいという人も増えているので将来性がない(

 

うちの会社にレンタルしにくるお客さんも、親に無理やり連れてこられてやむなくレンタルするといった人も少なくありません。

=前撮りしても最低限の枚数しか買ってくれないので会社としても利益出ない。

 

少し脱線しましたが、これから成人式を迎えるみなさん、

着物をレンタルするのであれば、常にどの会社も今回のはれのひのようなバックれが起きる可能性があることを忘れないでくださいね。