とうふday

ボレーがネットミスばかりしてしまうのならラケット面の向きに気をつけよう!



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

関連画像

 

みなさんはボレーって得意ですか?

私はシングルスよりもダブルスが好きなのでプレイスタイルで言うとサーブアンドボレーというタイプのプレイスタイルになります。

なのでボレーは結構得意な方だと思います。

 

今回は主に初心者のテニスプレイヤーに多いボレーのネットミスについて元テニスコーチの私がポイントをまとめます

 

 

ボレーのネットミスってなんで起きるの?

ボレーはネットに近い位置で打つということもあり、どうしても決める!という意識が先行しやすいです。

なので必要以上にラケットを振ってボールを叩きつけるように打つ人が非常に多い。

 

ネットミスの原因はラケットの振りすぎ=ラケット面が下を向きすぎた状態でボールを打っているためネットにかかってしまうことが大半なので 

ネットミスをしないコツはラケット面をコートと垂直にすることにあります。

 

ボレーはラケットを振るのではなく弾く

これまたボレーが苦手な人に多いのですが、

ボレーもストロークと同じようにラケットを振って打とうとしてませんか?

 

よく勘違いされるのですが、ボレーは振り抜いて打つショットではありません

振るというより弾くほうがボレーの打ち方として正しいです

 

ボールがラケットに当たる瞬間にラケット面をピタッと止めるのがボレーをうまく打つためのポイント

弾くことで弾道の低いボールに勢いのあるいいボレーが打てるようになります

 

ラケットは顔の向きと同じ向きで止めよう

先ほど挙げたようにネットミスの原因はラケット面が下を向いてしまうことが多いです。もちろんボールの高さやネットの距離によってスマッシュに近いような叩きつけるボレーもありますが、顔の高さで打つ基本的なボレーであるミドルボレーはラケットを止めて弾くように打ちます。

 

ミドルボレーを打つボレーのポジション=コートの真ん中あたりになりますので、ネットからは少し距離があります。

距離がある状態でラケット面が下を向くと当然ネットしてしまいますよね。

 

なのでボレーのラケット面は顔と同じ向きにすると覚えておきましょう

顔が下を向いてボールを打つことはできませんよね。

基本的に顔は相手を見るために正面を向いていると思います。

これに合わせてミドルボレーのラケット面は相手に向けて正面、角度はコートと垂直になるようにします。

ボールを打つ位置はフォアハンドボレー、片手バックハンドボレーなら顔の斜め前あたり、両手バックハンドボレーであれば顔の真横あたりが打点になります。

 

今回はネットミスについての内容なので詳細は省きますが、

ミドルボレーラケットの面の向きは正面まっすぐと覚えておきましょう

まっすぐ向いた状態でボールが当たる瞬間にしっかりラケットを止めて弾くことができれば、相手のショットの勢いを使っていいボレーを打つことができます。

 

まとめ

 ・ボレーはラケットを振らずに弾く

・ラケット面は地面に垂直、真っ直ぐ正面

 

この2点を抑えるだけで劇的にボレーは良くなりますので試してみてくださいね

相手のショットが弱いとどうしてもラケット振りたくなると思いますが、それでも我慢して振らないことがボレー上達の第一歩です。

 

ぬつ