とうふday

基本から試合展開の応用まで!スライスサーブの効果的な使い方〜初心者でもわかるように優しく解説します〜


SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

http://yanaharatennis.com/blog/wp-content/uploads/2014/04/federer20140431.jpg

 

どうもーぬつですー

 

みなさんはスライスサーブって打てますか?

テニスのサーブの三種類のうちの一つですが、一番使われることの多い回転系のサーブがスライスサーブです

 

今回はスライスサーブ大全集的なまとめです

初心者でもできる簡単なところから戦術的な内容まで触れていきます

 

 

スライスサーブの基本的な打ち方

スライスサーブの打ち方は

・相手に背中を向けるように体を閉じた状態で構える

・足は横を向いたときに後ろ足をまっすぐ後ろに引く

・上半身が斜め後ろを向いた状態になりますのでそこから体の外側にむかってトスをあげて、ボールの横を触るようにきるイメージで打ちます

 

利き腕の小指側から先行してラケットを振るイメージになります

 

スライスサーブには2種類ある

スライスサーブには特製の違う2種類のサーブがあります

 

・大きく曲がる回転量の多いサーブ(スライス①)

・少しだけ曲がるスピードのあるサーブ(スライス②)

 

ごちゃごちゃになる可能性があるので以降()の記載で表記します

 

大きく曲がる回転量の多いスライスサーブ(スライス①)

このタイプのスライスサーブは相手を大きくコートの外に出すことができるので有利に展開できるオープンコートを作ることができます

 

そのためシングルスならオープンコートを作ってラリー展開を有利に進められることができ、ダブルスなら相手の陣形を大きく崩すことができます

 

もちろんメリットだけでなくデメリットもあります

 

一般的にサーブのコースの角度がきつくなるほど、リターンエースが決まりやすくなります

 

シングルスならストレートのダウンザライン(サイドラインに沿って打つショット)

ダブルスならストレートを抜かれやすくなる、もしくはさらに角度をつけてリターンをクロスに打たれたりします

 

打ち方

基本的なスライスサーブの打ち方に加え、よりトスを体の外側(ボールを早めに手から離す=右利きなら右側)に出してボールの真横を切るように打つと大きく曲がるスライスサーブになります

ただ、極端に切りすぎると前にボールが飛ぶ力が足りなくてネットばかりになってしまうので注意

ネットしないためには体全体、特に腰をしっかりひねる必要があります

 

曲がりが小さくスピードがあるスライスサーブ(スライス②)

このタイプはスライス①と合わせて使うことで相手の打点の位置を外すことができます

 

例えば、

・まず大きく曲がるスライスサーブを打つ

・曲がりを抑えたスライスサーブを打つ

 

こうすると相手は大きく曲がってくるのを警戒して大きく横に動いても、実際には曲がりは小さいので相手の体の近くにサーブがいきます。

→結果リターンをうまく返すことができなくなります

 

リターンが詰まるとネットミスやチャンスボールにつながりやすいですし

相手が慣れてきたと思ったら大きく曲がるようにスライスサーブを打てばサービスエースを取ることもできます

 

このスライス②は相手のボディ(体の近く)に向かって打つようにするのがポイント

 

 打ち方

基本的な構え方はスライス①と同じです

 

構えただけでは相手はどっちのスライスサーブが飛んでくるかはわかりません

ここから少し変わっていくのですが

 

まずトスはスライス①よりも体の近くにあげます

フラットサーブよりも気持ち外側にトスをあげるイメージです

 

ボールを打つとき、打点はスライス①は真横でしたが

スライス②はトスをあげたボールのななめ後ろを打つようにします

このとき打点がボールの横に近づけば曲がりが大きくなり、ボールの真後ろに近づけば曲がりが抑えられたスピードのあるサーブになります

 

SPONSORED LINK

 

 

スライスサーブの効果的なコース

右利きのサーバーを例にして見てみましょう

今回紹介するのはあくまで基本です

レシーバーのサイド、右利きか左利きかでも大きく変わってくるので注意が必要です

 

デュースサイド

f:id:nututenpura:20171115212142j:plain

 

わかりやすくダブルスで表現しましたが、まずデュースサイド(右側に立つとき)は

ワイド(外側)に逃げていくように使うのがスライス①です

 

逆にセンターに向けてサーブを打ち、少し曲がって相手のボディに来るように打つのがスライス②になります

 

逆に使ってしまうとちょうど打ちごろのところにサーブがいってしまうので

リターンを強打されてしまう可能性があります

 

スライスサーブの特性を理解してから上記以外のコースを使うようにしましょう

 

アドバンテージサイド(アドサイド、バックサイド)

f:id:nututenpura:20171115212126j:plain

 

続いて逆サイドです

 

アドバンテージサイドでは打つコースが逆になります

スライス①ではセンターを狙って相手をセンターに走らせてリターンをうまく打たせないようにします

センターからのリターンで多いのはセンターなので、そこにボレーヤーが出ることでポーチボレーが決まりやすくなります

 

ただ、ストレートに打ってくる可能性はコースが狭いのでかなり確率は低いですが、全くゼロではないので注意しましょう

ここでは説明しませんが、ストレートに打たせないようにボレーヤーが動くことがポイントになります(サーブが甘くなると普通に打たれるので注意)

 

センターからストレート打たれたら素直に相手がうまかったと思いましょう

 

スライス②はボディからワイドにかけて打ち分けるのがコツ

ワイドに打つならフラットサーブをワイドに打てないとちょっと辛いです

 

というのもワイドにフラットサーブを1本売ってからスライス②を打つと

相手が追いかけることでボールが体に近くなりすぎてリターンをつまらせることができます

しかしフラットを使わないとコースが少し甘くなっただけで先読みされて強いリターンがくることがあります

(ただ、右利きならバックハンドなのでリターンエースにはなりにくいです)

 

なので基本的にはスライス②を打つならボディが一番無難です

 

まとめ

スライスサーブは試合に出るならほぼ必須と言えるくらいに戦術の幅を広げてくれます

基本的に打ち方と軌道さえわかればほとんどの人が打てるようになります

 

私の生徒さんではなんならスライスサーブしか打てないなんて人も居たくらいです

(ボールを切るように打つのが得意な人は、フラットサーブのようにまっすぐ当てるのが苦手だったりもします)

 

ただ打てても効果的に使えなければスライスサーブの真価は発揮できません

特に打つコースは上記以外にも様々なパターンがあるので、こればかりは試合の経験を積むことが必要になってきます

 

一番はフラット・スライス・スピンと使い分けることができるのがベストですが、

まずはフラットとスライスサーブを使い分けられるようになることが試合で勝てるようになるためには必要なので、ポイントを抑えておきましょう

 

ぬつ