とうふday

フットワークを良くするちょっとしたワンポイントアドバイス


SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

どうもーぬつですー

 

テニスはボールを上手く打つことが大切なのはもちろんですが

そこで大事になってくるのがフットワーク

 

今回はちょっと変えるだけでフットワークが良くなるポイントをご紹介します

 

https://i2.wp.com/tennisfan.xyz/wp-content/uploads/2017/06/hi-res-f749e89a0d745ae6613ab74cf0ad176d_crop_north.jpg?resize=728%2C485

 

 

足を肩幅に開く

テニスを初めたばかりの人に多いのですが

ボールを打つ時も構えてる時も棒立ちのままプレイをしてる人が結構多いです

 

実は足を肩幅に開いてないとフットワークにも影響が出てきます

 

走り始めと止まってボールを打つ時(走り終わって止まるとき)

は常に肩幅に足が開いているか確認しましょう

 

ちなみに肩幅以上に足を開いてもただ走りにくくなるだけなので

やりすぎには注意です

 

余談ですが足を肩幅に開いていると各ショットにも安定感がでるので

オススメ

 

 

ひざを曲げる

上記の肩幅に足を開くだけではまだ足りません

加えてひざを軽く曲げるようにしましょう

 

軽い空気イスみたいなイメージだといいですね

 

これによって腰が落ちて重心が下がるので

細かいフットワークがしやすくなります

足の回転も良くなりますしね

 

さらに付け加えると膝を曲げることで重心が下がることにより

ショットに安定感を加えるだけでなく

ボールとの距離の取り方も上達したりします

(腰を落とせばその分上半身の位置が変わりますからね)

 

 

手を前に出す

足関係ないやん!と思うかもしれませんが

実は手を前に出すというのはとても大切なことなのです

 

というのもフットワークというのはただ走り回ればいいのではなく

ボールに対して打球するための正しい距離をとることがフットワークのミソになります

 

ストローク、ボレーに関係なく

フォアハンドとバックハンドではボールに対する距離感が違います

 

これは体の向きが関係しており

利き手側よりも逆手になるバック側のほうがラケットを伸ばせる距離が短いためです

 

特に両手バックハンドだとフォアハンドよりも両手で持つ分ラケットが短くなりますのでわかりやすいかと思います

 

 

まとめ

以上フットワークのちょっとしたワンポイントアドバイスでした

上記はあくまで「ちょっとした」アドバイスですので

これでフットワークは完璧になる!というわけではありません

 

人によって筋力や体力、プレースタイルの違いがあるからです

 

ただ、今回は万人向けのフットワークのアドバイスをまとめました

上記を取り入れてみるとちょっとしたことだけども

フットワークが劇的に改善される可能性がありますので試してみてくださいね

 

ぬつ