とうふday

テニスがなかなかうまくならないと悩む人へ〜腐らず継続することが大切〜


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

http://sportiva-new.mediagalaxy.ne.jp/clm/otherballgame/entry_img/NishikoriKei20150702.jpg

http://sportiva-new.mediagalaxy.ne.jp/clm/otherballgame/2015/07/02/post_440/

 

どうもーぬつですー

 

テニスって楽しいけどなかなかうまくならない・・・

そう悩む人も多いのではないのでしょうか

 

今回はテニスがなかなかうまくならずに悩む人に読んでほしい内容です

 

 

 

 

テニスはすぐにうまくならない

スポーツ全般そうだと思いますが

テニスは精神的にも体力的にもハードなスポーツなので

決してすぐにうまくなるものではありません

 

しかも厄介なところがうまくなったと思っても

精神状態によってうまくいったりいかなかったりするので

ショットがなかなか安定しないのが初心者が特につまづきやすいポイントです

 

テニスがメンタルスポーツと言われる理由ですね

 

特にテニスは全て自分の責任なので精神的に揺さぶられやすいです

こればかりは慣れることが上達への一番の近道ですので

たった数ヶ月やったくらいで上手くならないなんて腐らないようにしましょう

 

そうなった瞬間上達が止まるものと思ってください

練習に貪欲になることが上達への近道

その貪欲さを最低1年は続けてください

 

 

安定のコツはひたすら繰り返すこと

これも初心者、特にスクールに通ってる人に多いのですが

テニス始めたばかりって楽しくていろんなショットを打ちたくなるんですよね

 

しかし順を追って練習せずに

例えば初めて1ヶ月も経たないのにいきなりドロップショット教えて!

とコーチに言っても多分教えてくれないでしょう

 

なぜなら教えてもどうせできないと思うから

テニスのショットってかっこいいのも多いので

背伸びしたがる人がまぁー多いんですよ

 

聞かれた時はもちろんこんなショットと教えますが

あまり細かく説明せずざっくり教えます

 

いきなり細かく教えてしまうと

せっかくできるようになったショットまで感覚がわからなくなる可能性があるので

自分のレベルが底上げされてから新しいショットに挑戦するようにしましょう

といいコーチなら指導します

 

底上げに必要なのは繰り返し練習することです

繰り返すことで体に覚えさせ、試合中に無意識でも問題なく打てるレベルになれば

習得できたことになりますので、

そこから新しいショットに挑戦するようにしましょう

 

 

テニスは根気のいるスポーツです

なんか見てると俺にもできるんじゃね?と思うショットもあるように見えるテニスですが、簡単に打ってるように見えるくらい繰り返し練習した結果打てるようになるのです

 

テニスを挫折してしまう人はこれが多い

かっこいいショットが上手く打てない→つまんない

センスがあるのに辞めてしまうもったいない人をコーチをしている間に数多く見てきました

 

頑張ってショットを習得すれば試合にも勝てるようになるし

他のプレイヤーからの尊敬を集めることもできます

 

なのでなかなか上手くいかないからといってすぐに諦めないでください

最初にテニスはハードなスポーツと言いましたが

練習をすれば誰でも上達することは可能です

 

うまくならないと悩んでいる時間があれば

その分ラケットを振ってください

部屋でボールを上に投げてトスの練習をするだけでも全然違います

 

テニスほど継続は力なりという言葉が合うスポーツはありませんので

辞めてしまわずもう少し頑張ってみてはどうでしょうか?

 

 

ぬつ