とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【片手バックハンド】シングルバックハンドが上達・強打できるようになるコツ

レビュー-テニス

SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

どうもーぬつですー

 

全豪オープンでのフェデラーの活躍がすごいですね

フェデラーといえばオールラウンダーとしてバランスのとれたプレイスタイルをしており、特に片手バックハンドの安定感は抜群です

 

f:id:nututenpura:20170313123316p:plain

引用ー【動画】片手バック最難所のはずが!?フェデラーのハイバックウイナー10選!

 

今回は片手バックハンドを打ちたい人のため、

打ったことがない人でもわかるよう細かく解説していきます

 

特に、強打ができない人はチェックしてみてくださいね

 

 

 

 

 

 

シングルバックハンドのポイント

シングルバックハンドのポイントは以下の3つです

 

・スタンス

・上半身の向き

インパクトの位置

 

 

スタンス

スタンスは両手バックハンドと違ってスタンスが変わります

 

両手バックハンド=両足は平行

片手バックハンド=前足が後ろ足よりも一歩前

 

ここではラケットを引いた横向きの状態のことを言います

両手バックハンドは前足の方向に真っ直ぐ踏み込みますが

片手バックハンドは前足を体の正面側に1歩踏み込みます

 

こうしないと片手バックハンドでうまく体の回転を使うことができません

相手に背中をしっかり見せるようテイクバックするために足の位置に注意しましょう

 

 

 

上半身の向き

上半身は上記でも触れましたが、

テイクバック時には背中が相手に見えるようにします

 

スイングは斜め後ろからスタート(テイクバック)

真横を向いた状態でインパク

打ち終わり斜め前を向いた状態となります(フォロースルー)

 

これが結構大事で、

シングルハンドで強打できない

1番のポイントかもしれません

 

というのも

うまく打てない人の多くは体が斜め前を向いた状態でボールを打っているからです

 

片手なので体に打点が近すぎると力がうまく入りません

ボールの勢いに負けないためには腕を伸ばす必要があります

 

ボールを打つときに斜め前を向いていて

打ち終わりが正面というのは

両手バックハンドの打ち方になりますので注意しましょう

 

また打ち終わりに斜め前を向くときには

思いっきり胸を張ることが大切です

(体の回転と両腕の開きでボールを前に飛ばすため)

 

 

 

インパクトの位置

これもチラチラと出てきていますが、

打点はとにかく前!前!前!

 

片手の分体に近いと腕が曲がってボールに負けてしまいます

なので腕を伸ばしきった状態で面を作り、ボールを捉えましょう

 

運動連鎖などは打点の位置が安定してから気にすればいいので

まずはとにかく打点の位置です

 

加えてポイントなのが、

打点は体から少し遠い位置で捉えるということ

 

上記と理由は同じなのですが

体に近いところで打とうとしても片手だとラケットにうまく当たらないからです

 

ただ、ここまで打点は前!と言っていますが

体が前体重になったり前のめりになってはいけません

 

体のバランスはあくまで体の中心です

その中でできるだけ前で打点を捉えるようにしましょう

 

また、インパクトのときに拳を前に突き出すような形でボールを打つと

ラケットがブレにくいです

 

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

 

 

ワイパースイングとは?

ワイパースイングとはフォロースルーのことです

オープンスタンスの選手なんかはフォアハンドで使う人もいるのですが

片手バックハンドは必ずワイパースイングが必要になります

 

ワイパースイングとは手のひらを車のワイパーのようにして動かすことで

イメージとしては壁に手をついて手首を中心に左右に手を振る感じ

 

これの延長線上にラケットが来るとワイパースイングになります

 

片手バックハンドは腕全体というよりも

ラケット面を前に出す性質上このワイパースイングで回転をかける必要があります

ボールをスイングで飛ばすというより

ラケット面で跳ね返す要素が強いからです

 

ブロック面を前で作る関係上

腕が伸びきっているのでインパクト後にボールをはらうイメージで回転をかけます

 

そのためワイパースイングは非常に重要になります

 

 

 

結局腕力っているの?

片手で打ってる関係上、両手バックハンドよりはやはり必要です

 

ただ、ボールの勢いに負けなければいいくらいの腕力があればいいので

ひたすら筋トレが必要かというとそんなことはありません。

 

女子選手でもエナンなんかは決してムキムキではありませんが強力なバックハンドを打ちますよね

 

f:id:nututenpura:20170313122150p:plain

引用ーエナンのバックハンド | 松原コーチのテニスクラブ日記

 

逆に力みすぎるとラケットがしならずボールがうまく飛ばなくなるので注意 

 

 

 

おわりに

以上片手バックハンドについてまとめてきました

 

両手バックハンドはこちらを参照してください

 

 

テニスについて他にもいろいろまとめていますので

よければ参考にしてみてくださいね

 

ぬつ