とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【テニス】サーブが安定するコツは打点の位置にある〜少し変えるだけで大きな効果が期待できます〜


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

 

 

どうもーぬつですー

 

初心者に関わらず多くの人が悩むのがサーブ

 

テニスの試合ではサービスゲームを落とした方が負けます

つまりサービスはテニスにおいてとても大切になります。

 

 

安定しない理由

ではサーブが安定しないのはなぜでしょうか

 

 

打点の位置がバラバラ

まず最初に挙げられるのかボールを打つ位置がバラバラになっている点

 

特に初心者に多いのですがトスが安定せずに右へ左へボールを投げてしまったりしてサーブを打つ位置が安定しないのが原因として挙げられます

 

理想はサーブを打つのは頭の真上が理想ではありますが、人によって身長や体格、打ちやすさやが違いますので、一概には言えません

 

しかしサーブが安定しないのであればボールを打つ位置はどこがいいのかは知っておく必要があります(対策は後述します)

 

 

 

面の向き

次にラケットの面の向きはどうなっているでしょうか?

 

ラケットの向きは頭の上で真っ直ぐ正面を向いた状態で打つのが基本形と言われています

 

もちろんこれも身長や体格、打ちやすさなど個人差がありますので、あくまで基本形です

 

正面以外を向いているとサーブが入りにくいと言われます

ラケット面がボールに当たる際に上を向いてたり下を向いたりしている状態ですね

 

 

 

体の向き

意外と知られてないのが体の向き

 

サーブを打つときって相手に対して横を向きますよね?

実はただ横を向けばいいわけではないのです

 

サーブを打つのはクロス方向

つまり身体の向きも真横ではなく少し斜めにしないとクロスには飛んで行きにくいのです

 

これも打ちやすさに個人差があるのですが、

後足の位置が若干かわるだけで基本は横を向いた状態で両肩の延長線上に相手がいるように向きを調整しましょう

 

 

 

 

打点をどう変えれば良いのか

ではどのように打点を変えれば良いのか

サーブでミスするパターン別に見ていきます

 

 

ネットばかりしてしまう

まずネットミスが多いパターンですが、

一番多いのが打点が前すぎて体がお腹から折れてしまい、ネットを超えられないパターンです。

 

この場合はトスを上げるタイミングを遅くして、ボールが上がる位置を頭上よりも後ろにすることで解決できます

 

後ろというのは背中側ではなく、ラケットを持っている腕の方なので注意

横を向いた状態で右利きなら右腕、左利きなら左腕ですね

 

 

 

サーブがオーバーしてしまう

サーブがオーバーしてしまう場合はトスが後ろすぎでボールを打つ際にラケットの面が上を向きすぎている可能性があります

 

なのでトスを前にあげてラケット面が少し下を向くようにしましょう

上から叩きつけるイメージで打つとわかりやすいです

 

また、ボールを打った反動で体が1歩前に動く位置にトスを上げると打点を前で取りやすくなるのでオーバーも抑えやすいです

(ただ、やりすぎるとネットミスが増えるので注意)

 

 

 

 サーブが左右にキレてしまう(アウトする)

 今度は長さではなくコースのミスについてです。

 

外側に打つのは得意だけど内側(センター)に打つのが苦手、もしくはその逆の方も多くいると思います。

 

そんな時もトスの位置を変えてあげると治ります

 

サーブを相手の外側に打ちたい時

=サイドライン側にトスを出す

 

サーブをセンターに入れたい時

=センター側にトスを出す

 

どっちのサイドでも基本はこれ 

右利きで言うと、フォアハンドサイドは外側に出せば角度ついて内側(センター)に出せば角度がつかないのでセンターに打ちやすいです

 

バックハンドサイドは背中側に出すことで回内運動と言われるもので角度がつきやすく

内側に出すと体が回ってセンターに飛んでいきます

 

この辺はちょっと難しいのであまり気にしなくて良いです(補足程度に)

上記の位置にトスを上げてサーブを打ってみましょう

 

 

 

おわりに

サーブはとてもパターンも多く一概にコツというのが説明しにくいもの

というのもサーブは

テニスの中で唯一自分のタイミングで打つものだからです

 

 

自分でタイミングを測って打つというのは感覚のない人にとってとても難しいこと

しかしサーブは練習すればするほど上達しやすい、強化しやすいところなので

球数をこなして練習すれば上手くなります。

 

打てなければ部屋でトスの練習だけでもしとけば役に立ちますしね

 

サーブが苦手という人も少なくないので

まずは感覚をつかむところから少しずつやってみましょう!

 

 

 

 

室内ならサーブアップでラケットを振る感覚が作れるのでオススメ 

 

 

ぬつ