とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【簡単!】ストロークが安定しないならボールを打つ高さに気をつけよう〜軌道が安定してから体幹・運動連鎖が必要になります〜

レビュー-テニス

SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

 

 

どうもーぬつですー

 

テニスを初めて一番最初にぶつかる壁は、

 

ストロークが安定しない

 

これに尽きると思います

 

一番最初に習い、人によっては長いこと苦労することになるであろうストローク

私も典型的なサーブアンドボレーヤーなのでストロークのほうが苦手です。

 

 

そんな鬼門・ストロークが安定するようになるコツを今回はご紹介!

 

 

 

どこを見て打ってますか?

ラケットにボールが当たるときにどこを見ていますか?

 

1、ボールがラケットに当たる瞬間(手元)

2、ボールを打つコース(相手コート)

 

 

これはどちらも大切なことなんですが 

手元(打点)でボールが当たる瞬間をじーっと見てなくても良い時間が増えれば増えるほど視野を広く使えていることになります。

=手元を見る時間が少なくなれば初心者脱出ということになります※

 

また、打点を見つめてなくても打てるということはボールとの距離がちゃんと計れている証拠です

 

もちろん、ボールがバウンドするまではしっかり見て追いかけて、ここで打つ!と決めた場所で立ち止まったら、半分くらい相手に目線を移しましょう

ボールがバウンドした後はボールの軌道は変化しませんので、ボールとの距離が取れてればラケットにちゃんと当たります

 

距離と感覚が試されるライジングショットができれば問題ないですね

 

ただ、いきなりできるものではありませんし、ラリーのスピードが速くなるほど余裕が無くなるので難しいです

 

※注釈

ここでの初心者とは

ラケットにボールが当たるところをしっかり見てないとボールをうまく当てられない

レベルを想定しています

 

よくプロ選手の練習動画で、「ずっと当たるところみてるやん!」と聞かれるのですが、あれは顔を残して体の回転軸をぶらさないためです。

 

プロのスピードにもなると目からの情報のみで判断しても体の反応が追いつかないので、見たボールの軌道を予測して経験と感覚でラケットに当てているという表現になります。

 

フェデラーのようにしっかり視線をボールにも落とす選手もいれば

マレーのように視線をあまり落とさず自分の予測と感覚でガンガンスイングしていくタイプの選手もいます(ボールは視界の隅に捉えてる感じ)

一般的にはレベルは違えど、マレータイプの人が多いと思う

(そのあたりもフェデラーが天才と言われる所以。視界の広さが異常)

 

どちらのタイプも視界の割合としてはボール3:相手の位置7というように相手の動きを中心に見ています

 

ボールを見つつ相手の動きが見える動体視力と

試合勘というか、経験からできることです。

 

ボールがラケットに当たるまで・当たるところをずっと見ていれば芯を外さないかもしれませんが、試合全体の動きが見えにくくなります

 

この辺りの予測と試合運びについては書くと長くなるので省略しますが、

いずれにせよ初めてでいきなりできる人は少ないので、

今回はテニスを始めたばかり、テニス歴の浅い人向けに簡単にできるストロークを安定させるコツを書いていきます

 

 

どこを狙って打ってますか?

ボールを打つときどこを狙っていますか?

 

1、相手のベースライン深く

2、とにかく相手のいないところ

 

とても大事なことです

試合に勝つためには必須ですからね

 

しかしこれらは毎回打てるわけではありません。

打てたらプロになれます。

 

 

ストロークの安定には何が必要なのか

実際相手コートのほうを見るといっても余裕が無くなってくると難易度は上がります

そこで特に初心者やラリーのスピードがまだあまり速くない人にオススメの方法があります。

 

ストロークの安定に最も必要なのは

 

軌道の高さ

 

これだけ

どうしてもいいボール、いいショットを打ちたくなる気持ちはわかりますが、

そう思うほど腕に力が入り、ミスが多くなります

 

軌道の高さを意識することによってネットミスを減らし、

意識をボールや打点から外すことで脱力を促し、結果としてアウトを防ぐこともできます。

 

人間力が入ってないと言ってもいいショットを狙おうとすると力んでしまうもの

その点でどこに意識を置くということは大切なのです

 

 

 

軌道の高さってどのくらいなの?

では実際どのくらいの高さを狙えばいいのか

 

狙う高さはネット2つ分くらいの高さになります。

 

張ってあるネットを含め二つ分になりますので、

実在するネットの高さ+その上にもう一枚張ってあるものと想定してその高さを狙います

 

ネットの頂点(地面と平行についてる白い帯みたいなヤツ=白帯)

からだいたいラケット1本半くらいの高さを狙うといいでしょう

 

 

ちなみにネットはセンターとサイドで高さが違いますので注意

真ん中のセンターベルト(地面から垂直に伸びる白いベルト)がある位置と

ダブルスライン(テニスコートの一番外側のライン)のネットの位置では

ボール二つ縦に重ねた高さ分くらい変わります

 

クロスに打つときは真ん中、ストレートを打つときは真ん中よりもポール寄りを通す必要があります

 

つまり、コートの中心をボールが通るときよりも、

ネットの端に近づくに連れて高くなっていくのでネットミスしやすくなります

 

軌道の高さが安定してきたら、

ボールがネットを超える位置によって軌道を変えてみましょう

 

格段にストロークが安定します。

もちろん、真ん中でもネットの端でもネット2つ分の高さの軌道を通すことは変わりませんので、そんなに高さを変える必要はありません。

 

気持ち高くするだけでストレートショットのネットミスは減りますので

ボールを打つコースによって高さを変えるということだけまずは覚えておきましょう

 

 

終わりに

軌道が安定してきたら、

スイング早くしても自然と脱力できてるので、カッコいいショットも打てるし、

試合にも勝てるようになります。

 

軌道の次は体幹を安定させて体を回し、運動連鎖を使って強いショットを打つとレベルが上がっていくのですが、トレーニングも必要になりますしそれはまた別の機会に。

 

体幹がないと体の軸(ショット)が安定しないので、ボールを打てない日にトレーニングしておきましょう 

ジムに定期的に通って日常化することをオススメ

自信があるから!ライザップは30日間全額無条件返金保証。詳細はこちら≫

 

  

テニスは特にメンタルスポーツなのでどんなときでも安定している、信頼できるショットが多い人ほど上達します。(ミスの確率が減るので)

 

特にストロークは一番打つ機会の多いショットになりますので、

上達したいのであればどんなボールがきても常に同じ軌道で打ち返せるように練習し、安定するようにしましょう!

 

 

ぬつ