とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ドキュメント】電撃文庫秋の祭典2016に行ってきました〜ついに一眼デビューううううヒャッハー!〜

レビュー-アニメ レビュー-レビュー

SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

どうもーぬつですー

 

先日秋葉原で開催された電撃文庫秋の祭典に行ってきましたので今回はその模様をば!

 

f:id:nututenpura:20161004020433j:plain

 

 

 

 

電撃文庫秋の祭典とは?

KADOKAWAアスキー・メディアワークスが主宰する電撃文庫作品のイベントで、

ざっくり言うと「いつも作品読んでくれてありがとう!」的な感謝祭です

 

春と秋の年二回に開催され、

限定グッズやイベントステージなどが催されます

 

 

ちなみに今回私も「天鏡のアルデラミン」という作品のイベントステージに当選したため行ってきました

 

 

 

 

あとこの日ついに一眼デビュー!

買ってから長かった・・・

 

この記事以降当ブログの写真は一眼で撮ったものになります。

 

 

それでは当日の模様をご紹介

ただ普通に紹介してもただのクソキモオタのイベント参加模様をお送りすることになってしまうのでちょっと意識高そうなドキュメンタリー風にご紹介

(しばらく小芝居が続きます)

 

 

 

 

ーAM:07:00

オタクの朝は早い。

イベントに参加するのであればそのイベントの物販(グッズ購入のこと)を入手して参加するのがセオリー

今回当選したイベントステージはPM:12:30から

 

 

ならばそれまでに物販を済ませるのはオタクにおいては当然のことである

 

 

 

 

 

 

 

 

AM:09:30頃待機列に到着。

この時点で前に並んでいる物販の列はざっと見た感じ300人ほど

思っていたよりも少ない

 

 

主宰がKADOKAWAということでイベント慣れしていることから

待ち時間は少ないだろう。そう彼は言う。

 

 

 

ちなみに以前行った横浜のご注文はうさぎですか??の物販は

500人くらい前にいたが運営の効率の悪さから列に並んでからグッズ購入までに6時間半かかった。

 

 

 詳しくはこちらを見て欲しい。

nutublog.hateblo.jp

 

 今見ると記事の出来がとても稚拙である。とぬつは語る。

 

 

 

AM:11:45

予想通り運営の効率はとても良かった。

列に並んでから2時間と少しで販売所に入れた。

 

 

今回は入場すると好きに売り場を回って商品を選ぶスタイル

通常は前もって購入リストを記入しておくイベントが多いので珍しい

 

 

私が今回欲しいグッズは主にソードアート・オンラインというアニメのもの

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの人気作品だ。

 

 

当然そんな人気作品ともなると棚の前はまさに地獄絵図

汗臭いおっさんや汚いおっさんも交えたバーゲンセール状態

 

 

そこに無謀にも突撃するとうふメンタルことぬつ。

体格はあるので当たり負けせずガンガン攻めるが、

軽い潔癖症のため開始10秒で吐き気を催す。

 

 

それでもなんとか目的のモノを入手し、早々に離脱。

この時点で時刻はAM11:55

イベントはPM12:00から受付開始なので少し早足で向かう。

 

 

 

  

 

PM:12:05

UDXに止めた愛車のカブに荷物になるグッズを置いて列に並ぶ。

少し遅れたが問題なく列に並ぶ。

 

 

イベントの模様は撮影禁止なので、

会場の様子だけご覧いただきたい。

 

f:id:nututenpura:20161004020803j:plain

 

ものすごい数のオタクである。

人気声優ばかりが参加するイベントだけあって熱気もすごい。

 

 

画像がぼやけているかもしれないが、

これは大衆の人の顔が映らないようピントをあえてぼかしたらしい。

しかしそこは一眼度初心者のぬつ、

一部だけぼやかすなどというテクニックなど使えず、全体的にぼやけてしまった。

 

 

 

イベントを終えると、汗臭い会場を逃げるように後にして昼食を取ることに

 

 

 

PM:14:00

この日は日曜日。

秋葉原歩行者天国となっており、かつ電撃文庫秋の祭典という大きなイベントが開催されていることもあってものすごい人の数。

 

 

まさにムスカさんの言いたいことを吐き捨てる。

 

ぬつ「フフフ・・・人がゴミのようだ・・・」

 

余談だが、

前日までに手持ちの仕事を終えて、現在次の仕事の入る予定のない自称フリーランスの彼は、この日から仕事がないのであるから正真正銘のクズゴミニートである。

 

 

要は、この日秋葉原にいる人たちの中で一番ゴミと言って差し支えないだろう。

 

 

話が脱線したが、とにかくこの日の秋葉原は人が多い。

 

 

f:id:nututenpura:20161004020401j:plain

 

f:id:nututenpura:20161004020646j:plain

 

彼も少しずつではあるが一眼の使い方がわかってきたようだ。

しかしここでまさかの事件が起こる。

 

 

 

レンズカバーと呼ばれるレンズを保護するためのレンズが落下して粉砕したのだ。

 

 

 

ガラスでできているため地面に落ちると綺麗に粉砕。

半泣きながら破片を集めたぬつはその足でヨドバシカメラに向かい、同じものを購入する。

 

 

装備を整えてから昼食を食べてないことに気づき、昼食にする。

店を探す途中ではラブライバー(サンシャイン)がオタ芸をしながらはしゃいでいた。

 

f:id:nututenpura:20161004020737j:plain

 

映像だけで激しく盛り上がれる彼らはもはや賞賛に値する。

 

f:id:nututenpura:20161004020612j:plain

 

しかし彼は寄り道ばかりしていて未だに昼食を取っていない 。

そう指摘すると思い出したかのようにお腹の虫が鳴る。

 

 

PM:15:00

この時間になってもどこの飲食店も行列ができていたため、

秋葉原名物ケバブで済ませることに。

 

f:id:nututenpura:20161004020505j:plain

 

今回初めてチリ+ヨーグルトソースという本場みたいなソースにしたが、

かなり辛かったらしく、完食後コンビニでカルピスを購入した。

 

 

簡単に昼食を済ませた彼は、

秋葉原の街を少し散策することに。

 

 

f:id:nututenpura:20161004020836j:plain

 

徐々に日も落ちてきた。

この雰囲気はなかなか良い。

 

f:id:nututenpura:20161004022240j:plain

 

同じ写真でもモノクロにするだけで雰囲気が出る。

 

f:id:nututenpura:20161004022229j:plain

 

こちらの写真は彼曰くこの日1番の写りと話す。

 

 

ぬつ「なにこれかっけえええええ!もはやプロじゃね?」

 

 

相変わらず単純な男だ。

 

 

散策していると祭典の別会場にて展示を見つける。

 

f:id:nututenpura:20161004020538j:plain

 

こちらは劇場版ソードアート・オンラインの宣伝ポスターなのだが、

なんと驚き、黒板にチョークで書かれているのだ。

 

この繊細で巨大な作品を書き切る精神力の強さに賞賛を送りたい。

彼にはそんな強靭な精神などないのだから、思うところがあったのだろう。

以降の作品を流した彼は会場を後にした。

 

 

 

 

PM:16:45

すばらしい作品を見た彼はそのまま愛車のカブにまたがり帰路に着いた。

 

 

「今回もいいイベントだった。」

そう話して荒れ狂う車の渋滞の中を去っていった。

 

 

 

終わりに

以上電撃文庫秋の祭典の模様についてでした!

クソ寒い小芝居にお付き合いいただきありがとうございました。

 

この日で完全に一眼にハマった私はひたすら写真を撮りたくなり、

近々旅に出ることに!

 

 

その模様はまた改めてご紹介します!

 

 

 

 

ぬつ