とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【比較】私がリアルに転職活動をして感じた使いやすい転職サイトまとめ〜高学歴じゃなくても転職できます〜

レビュー-レビュー

SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

いざ転職しようと思っても数ある転職サイトからどこを使えばいいかわからないですよね

 

私自身2回転職をしているのですが、

いざどこを使えばいいのか迷ったし、

ネットでレビューや評価を検索しても

 

 

「転職会社行ってインタビューしてきました!」とか

「こういうところが強みです!」とか

 

実際に使って転職活動してないものばかりで、不安が取り除かれませんでした。

そりゃあ転職会社はいいことしか言わないでしょう。。。

 

そこで今回は私自身の転職活動を通じて感じた

各転職会社の特徴について書きたいと思います!

 

 

 

 

 

 

私の転職歴

新卒から数えて2回

1回目がtype、2回目がリクナビNEXTから出ていた求人の会社に入りました

 

typeについては転職コンサルタントについてもらい求人を紹介してもらいました。

 

ちなみに私はいわゆるF欄大学卒業で特に学歴は高くありません

新卒で青っぽい金融機関に入りましたが、

早期で退職したので職歴も強いというわけでもないです。

 

詳細はプロフィールにて

 

www.tofuday.com

 

 

ですが、2回の転職活動を通して合計10社から内定をとったので

そこそこ信憑性はあると思います(

 

 

 

転職サイトを比べてみる

主に私が使用したサイトをご紹介

 

 

リクナビNEXT 

f:id:nututenpura:20170103180025p:plain

転職サイトといえば一番最初に浮かぶ有名どころではないでしょうか

 

大手求人も多く、幅広い業界を網羅しています。

 

 

ただ、それなりの経歴や実務経験がないと相手にされないものばかり

私も元金融機関勤めということで書類選考は通過できるのですが、

なかなか面接では結果が出ませんでした。

 

 

ちなみに大手ばかりでなく中小企業やネームバリューのない聞いたことのない会社も結構掲載されてますが、ブラック企業の確率が高いので注意

 

 

実際私も全く聞いたことのない会社に入ってしまったのですが、

試用期間は給料が契約時の1/3になるという謎の展開を迎えました

雇用契約書には記載がなく、実際に支給されて判明しました)

しかもない方のほとんどが住宅手当という謎仕様

 

 

当初の求人内容は結構良かったんだけれどもなぁ

リクナビでは1社の内定を獲得

 

 

労働時間も朝8時〜夜中2時という終了している会社だったので

会社選びは慎重に

 

リクナビという大きい会社が扱っている案件だからといって、安心しきってはいけません。

 

 

ちなみにリクナビのエージェントは超がつくほどの優秀な人材じゃないと

連絡すらないので注意

 

 

 

type 

 

最初の転職先を見つけた際に利用してました

 

typeは結構対応がしっかりしていて、エージェントの人も何人か話しましたが全員結構熱心で好印象です

(あと担当のエージェントがめっちゃ美人だった)

 

求人の質自体も大きい会社ばかり、というわけではありませんが、

業界では有名、一般ではあまり名前は聞かないけれども優良な企業が多いです。

  

私が入社した会社も、規模はそこまで大きくないですが、

業界的には新進気鋭で業績好調、待遇もなかなかいい企業でした。

  

ただ、営業が残念なミスをしていまい、

最大の取引先との契約打ち切りとなってしまったため

「今後給与が払えなくなるかも・・・」という社長一言から

一定の役職者以上は会社都合で退職することに。

(一応ちょっとした役職がついてました)

 

 

仕事も大変じゃないしいい会社だったんだけどなー

 

 

求人の質は非公開求人の方が圧倒的にいい求人ばかりで、

公開されてるのはちょっとイマイチでした。。。

 

またよくIT業界に強いなんて言われてますが、それだけということはありません。

私が入ったのも文系総合職で、総務部採用でしたので。

 

ちなみにtypeでは2社の内定を獲得(どちらも事務系)

 

エージェントが握ってる求人は営業、事務問わず様々な企業、業種があるので、

一度相談してみるといいでしょう 

 

特に初めての転職の場合わからないことも多いと思うので、

一から優しく色々教えてくれるtypeに登録しておくことをおすすめします。

 

公式サイトはコチラ

typeの人材紹介

 

 

 

ワークポート 

 

 

 

 

 ワークポートも2回目の転職活動の際に使用しました。

転職者1人ずつにコンシェルジェと呼ばれるエージェントがつくのですが、

私の担当者はとても親身に話を聞いてくれたのを覚えています

 

しかしそれは最初の面談のときだけ

それ以降のフォロー等を含めるとtypeに軍配

特に質問に対する返答、連絡が遅い

 

けど転職者用の個人ページがとても使いやすかった

 

求人の質は正直イマイチかなと…

ブラックで有名な会社が多く、またその他もヤバそうな気配

 

いくつかの業界のを見ましたが、営業の求人が多かったです。

ついでシステムエンジニアの求人かな

  

母数は少ないですが事務系については

結構いい会社が多かったです。

(給与、待遇が良かったです)

  

リクナビよりは圧倒的に求人の質はいいと思うので、

迷ったら登録しておくだけでもいいかもしれません。

 

公式サイトはコチラ

転職エージェント・ワークポート

 

 

 

マイナビ

 

 

 

マイナビも登録はしてましたが、

求人の質は正直良くないです。

 

離職を見越した大量離職の企業が多く、

待遇もイマイチ

 

私はほとんど使用しませんでした。

 

ちなみにエージェントはリクナビNEXTと同様

それなりの経歴がないと音沙汰ありません。 

 

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

 

 

はたらいく

 

 

はたらいくは正直あまり期待してなかったのですが、

 いい意味で裏切られました。

 

会社の規模は大きくないところが多いですが、

待遇は結構良かったです。

 

何より良かったのがらいく!システムというオファーシステムで、

事務的に自動送信しているのではなく

転職者が公開してる経歴を人事がちゃんと見ている点。

 

経歴確認してるので、メッセージにも人間味が感じられます。

何より何かしらのアクションがあると

長く不安な転職活動のモチベーションも上がりますしね

 

企業から一方的に送られてくるだけでなく、

転職者からもらいく!という意思表示ができます。

この会社が気になってますというのを企業に伝えられるのです。

 

実際私が面接に進んだ企業でも

「是非うちに来てほしくてらいくとメッセージ送らせてもらったんですよー」

と言ってもらったことも。

 

 

また上記に関連して驚いたのが 私自身2回目の転職活動の際はたらいくから何社か応募しましたが、会った人事担当、社長が全員いい人でした。

 

 

面接の時に会話も弾み、事務的にならず長い時間をかけて面接してくれるのはとてもありがたかったです。

面接官に好感が持てるのは会社の雰囲気が感じ取れる重要な要素

 

結果、はたらいくを使って事務、営業含め

3社の内定を取りました。

 

給料の良さから上記のリクナビNEXTの会社に入りましたが、

激しく後悔。。。

 

 

会社規模が大きくない企業が多いので給料がめちゃくちゃ高くなる可能性は低いですが、

働きやすさを求めるのであればはたらいくはとてもオススメ!

 

公式サイトはコチラ

ライフワークバランスを重視するならはたらいく

 

 

 

まとめ

上記の特徴からランキングすると、

 

1位 type

2位 はたらいく

3位 ワークポート

4位 リクナビNEXT

5位 マイナビ(ほぼ使用してないため)

 

マイナビリクナビは学歴と経歴があればエージェントによる高待遇がある可能性もあります。

 

しかし、ワークライフバランスを考えるとtypeやはたらいくに掲載されてる求人のほうがいいかもしれませんね。

 

 

いずれの転職支援会社を使うにしても、

最後に会社を決めるのは転職者自身

給料、待遇、業務内容に加え直近の離職率も聞けるようなら聞くなど、

情報をしっかり集めて企業を見極める必要があります。

 

でないと私のように

労働時間1日18時間で、給料10万以下のヤバイ企業を引いてしまうので

見極めた上で良い転職を目指してくださいね!

 

 

 

ぬつ