とうふday

左利きの日だったということで左利きあるあるを上げてみる〜左利きはトマトが嫌い?〜


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

先日8月13日は左利きの日だったということで、

私も左利きなのであるあるをあげてみたいと思います。

 

f:id:nututenpura:20160815231000j:plain

 

 

 

なんで左利きの日

そもそもなんで8月13日が左利きの日なのか

 

左利きの日(ひだりききのひ)は、左利きの生活環境の向上に向けた記念日である。1992年8月13日、イギリスにある「Left-Handers Clubレフトハンダーズ・クラブ」により、右利き用だけでない誰もが安全に使える道具を各種メーカーに対して呼びかけることを目的に提唱・制定された。同日は提唱者の誕生日である。2月10日の数字を四桁表記した「0210」を英語で「左」を意味する「レフト」と読めることから日本では2月10日を「左利きの日」あるいは「左利きグッズの日」としている。これには8月13日が盆時期である為、日本に於いては記念活動等が困難である事が理由とされている。引用ー左利きの日 - Wikipedia

 

世界的には提唱者の誕生日から8月13日ですが、

日本では2月10日なんですね

 

 

ということ左利きあるあるを上げてみる

ちなみに私は基本左利きですが、

野球は右投げ右打ち、テニスは左利きという謎仕様となっております

 

 

テストで回答用紙が汚れる

たぶん左利きでは最もなじみがあるのではないのでしょうか

一番の対策は問題用紙を敷いて汚れないようにするか、

ティッシュの持ち込みができれば敷くかですね

 

ちなみに私は左利きかつとんでもない汗っかきなので、

手汗も加わって汚れるどころかテストの問題用紙がふやけて破れるなんてこともしばしばありました

 

テストの出来が悪かったのはきっとこのせい

 

ハサミやsuicaなどがうまく使えない?

これ右利きの人によく聞かれるのですが、

左利きでも普通に右でハサミ使えますし、タッチくらいできますよ(

 

というのも私が小さかった頃は左利き専用の文房具なんてほとんど見なかったし、

右でないとうまくできないことはすべて右でやってきたので慣れています。

 

お箸やら字を書くのをはじめ、結構両手でできるものも多いですしね

 

 

左利きはスポーツに有利?

テニスしてるとこれもよく聞かれるのですが、私はあまり特別に感じたことはありません。

というのも高校生の頃から私の周りは左利きが多く、テニスしてもダブルスなんか4人中3人左利きなんてこともしばしばだったので左利きと右利きの割合が同じくらいだったためです。

 

もちろん、試合に出れば左利きの特徴を最大限生かしてますけどね(

一般的にいえば左利きは有利だと思います。

 

食事の時、隣人の腕とぶつかる

これは一番しんどいですねー

一応右でも食事は出来るのですが、やはり左に比べて遅く疲れやすいのであまり使いません。

となるとカウンター席では隣が右利きだと腕がぶつかるため、申し訳ない気持ちになります。

 

しかし飲み会の席では左を理由にめんどうな人から離れることができるので一長一短かな

 

 

左利きは何かしら右のほうが自然に使えるものがある

これは個人的な感想なのですが、生まれつき左利きの人ってスポーツはじめ、何も言わずに自然にやらせると右になるものがなにかしら高確率であります

 

私の場合は野球ですね

ボールを投げるのも打つのも自然に右でやってたと親に聞きました。

テニスのサーブは左で打つんですけどね(そのせいでスピードがでない)

 

テニス始めてからは体の使い方を覚えたのか左でもある程度は投げられるようになりましたが、基本は右投げです

 

周りでもサッカーボールは右で蹴るだとか、ボーリングは右投げだとか

大体左利きの中にも右で行うことが何かしらあります

 

お箸や字を書くなんかは強制された人が多いですけどね

 

人体って不思議ですねー

 

 

左利きはトマトが嫌い説

 私の統計では左利きはトマト嫌いの確率が高いです

しかも特徴として生はダメだがケチャップなどの加工品は大好きな模様

なんでだろう・・・

 

ちなみに私も例に漏れずに生のトマトが嫌いです

 

人体って不思議(

 

 

まとめ

 

ということで左利きあるあるでした。

結構右利きの人から不便と思われてることも意外と普通にできますので

普通のハサミしかなくても、スープ用のおたまが右利き設計でも生暖かい目で見守ってやってくださいね

 

 

ちなみに左利きは天才肌なんて都市伝説があるようですが

それは迷信です

 

だって俺天才肌じゃないもの!

 

 

 

ぬつ