とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私が会社を2年で辞めた理由〜とうふメンタルのくせに安定をぶん投げました〜


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

こんにちは!

 

先日プロブロガーのあんちゃさんのブログを読んでいて

ずっと感じていたが不確定だった会社員だった頃のもやもやが

なんとなく明確になりました。

 

www.mazimazi-party.com

 

 

 

今回は私が3社合計2年間で会社勤めを辞めた理由についてです。

今更ながらにプロフィールをば - とうふday〜見た目は壁、中身は絹〜

 

 

 

f:id:nututenpura:20160621143911j:plain

新卒2年目、働き方に疑問を持ち始めた

 1社目、ここできっかけが生まれた

今でも印象的なあのときの気持ち

 

私は大学新卒で某金融機関に入りました

同期と比べて特に優秀だったわけではありません

ですが、私の配属された渋谷の支店は社内でも有数の規模で

メンバーも優秀な人ばかりでした

 

そこで揉まれに揉まれまくった私は

2年目を迎える頃には同期より少し先を行くことができ

本部のお偉いさんにも「その辺の4年目より仕事できるねー」と

お褒めの言葉をいただいたりもしました

 

ですが、やはりそれを良く思わない人もいます(所謂窓際族)

 

もともと優秀なわけではなく、むしろ元々の能力は低い私は

正直うまいこと要領だけで仕事をしていたので、

仕事の難易度が上がるとそれだけ時間がかかります

 

窓際族は自分が楽して定時で帰るために私に尋常でない量の仕事を投げてきてました

もちろん、その人の分以外の仕事もあるので、残業も毎日5時間くらいはあったかなぁ

 

そんな中転勤してきた当時4年目の先輩に仕事を教えろという謎の指令があったり、

多少の不満はありつつも割と充実した日々を送っていました

 

2年目の春には担当した業務分野で全店1位になったことあったり。

 

ですがある日とんでもない事実を知ってしまいました

 

2年目初夏に四半期ごとの成績が出るのですが、この査定時期に大きい融資をしたため、とても成績(ボーナス)を楽しみにしていました

 

しかしいざ面談してみるとなぜか実績が半分になっている

 

ぬ「なんで〜の件の実績が半分になっているんですかね?」

偉「ああ、それ営業課長の成績に計上したから」

 

 

は?正直何を言ってるかわからなry

 

なんでも新しく赴任してきた営業課長の成績が悪く数字を回したのだとか

元々融資をした会社は大きい会社だったので、営業課長と私が担当で割り振られていたのですが、現状はほぼ私の専任になっていました。

課長は着任の挨拶だけしただけで、取引先の人もそんな人もいたねーくらいの認識

 

ぬ「しかし、実務は私が担当して融資までこぎつけましたよね?」

偉「もちろんわかってるが、それくらいしないとうちの課長として面目がないだろ

  まだ若いんだからそれくらい飲み込め」

 

 

このとき完全に心のなかで何かがはち切れました

正直仕事にもやる気も出ず頭も回らず、翌月には退職願いを提出 

 

このときから会社組織に疑問を感じ始めていましたが

それでも支店の先輩たちをとても尊敬していたし

密度の濃い1年半を過ごさせてもらったことには感謝してます(一部を除いて)

 

 

また正社員(会社勤め)というものに疑問は感じておらず

すぐに転職することになります

 

 

2社目 いよいよ会社勤めに疑問を持つ

転職先はすぐに決まり、受け入れの兼ね合いから半年後に入社

転職しなのは広告系のベンチャー企業

前の大企業の経営体質に嫌気がさしたので、これから来る会社を選ぶ

 

経営企画部で社内インフラの整理をすることに

まぁ人が少ないので何でも屋ですね

総務も経理も人事も兼任して、システム管理責任者という肩書きもあったり

 

しかし色々兼任していたが、前職に比べてまぁ楽なこと

ほぼ定時で帰れるし、仕事も難しくない

 

ただ、部署の同僚や上司の人間性が終わってた(

 

なんというか、傲慢で自己中そして陰険(笑)

話も通じない系しかいなかった

 

社長も仕事は凄いできるしカリスマ性もあったが

パーティーピーポーな感じてチャラついていてなにせわがまま

(業務外の雑務を求めてきたが経営企画部は御用聞きではありません)

 

こんな人間関係の中で仕事してててもストレスばかりたまり

そのせいか胃をやっちゃったり会社のトイレでぶっ倒れるなどしたため

3ヶ月で退職

 

 3社目、いよいよ正社員という枠を切り捨てる

母親が病気になったり自分も体調を崩したりで1年後に再就職

紹介で社長付き秘書になりました。

 

正直人生で一番の選択ミスをしたと思ってます

 

付いた社長がまぁありえない(

基本仕事をしないて遊びまわり、夜はパーティーに合コン

土日はゴルフ

 

俺はお前の使用人じゃねぇわ!!!

 

おっとつい言葉が汚くなってしまった

というかおっさんが女子大生と合コンとか(笑)

そんな使用人みたいなことばかりだったので拘束時間も朝9〜深夜2時前後

1ヶ月でやめました

 

 

今までの経験から感じたこと〜これから

今後について

これまで経験してきたのが若干特殊だったということもありますが、

退職後プロブロガーのイケダハヤトさんや、八木さんのブログを見て

組織に属さない考えもあるのだなぁと感じました

 

なにより日々の暮らしがとても楽しそう!

 

そこで1つの考え方に出会いました

それは伊藤洋志さんの「ナリワイ」

 

 

1つ1つは小規模でもできることを増やしていく、小さな総合商社

本も読みましたが

正直びびっときました・・・!

 

 

 

ここで私はもう決心をして

イケダハヤトさんの言い方をお借りすると

東京、ひいては組織で消耗するのはやめて

自分の力でやりたいことをやってみようと思うようになりました

 

大学生の頃はひたすら安定を求めて、

収入もいいしやりがいもある金融機関に入ったころは

想像もつかなかったなぁ(笑)

 

 

今取り組んでいること  

現在は今後収入となる柱を育てている最中です

ぬつ流「ナリワイ」とでもいいますかね

 

具体的には

 

・起業をする

・ブログ

・カラダ作り

 

この3点です

 

・起業する

これは知り合いの方に誘われたので、お手伝い的な位置付けです

バリバリ働くつもりはなく、私の考えも伝えた上で

ノマドワーカー的な働きができるということから

ぬつ流「ナリワイ」としての1つとしての位置付けです

現在まだ始まりの段階で相当時間はとられてますが(

 

・ブログ

このブログに関しても「ナリワイ」のひとつですが、

基本的にはブログを収入の軸にしていきます。

とはいっても記事書くのがとても楽しいので、収入にならなくてもいいけど(

 

 

・カラダ作り

これは直接収入源になるわけではないですが、

今後いざ新しいくやりたことができたときに備えてです

鍛えていて損はないですからね!(脳筋

 

今は農業に興味があって、

そのためにトレーニングしてます

 

 

私と同じような考えを持つ方へ

f:id:nututenpura:20160621143937j:plain

          人生の新たな幕開けみたいでお気に入り

 

 

 

私は決して正社員というシステムを全否定するつもりはありません

実際今までの日本の発展に寄与してきたのだしね

 

しかしこれからもずっと同じやり方でやっていけるとも思いません。

今となってはどんな大企業でも潰れるリスクがあるのだから

 

そういう意味ではリスクを分散することのできる「ナリワイ」という考え方は

すばらしいです

 

またあんちゃさんのブログにもあったのですが、

自分の人生を通して実現したいライフスタイルや、成し遂げたいことを考える

このフレーズがとても好きです

25歳女、新卒で入社した会社を2年で退職しました。 - まじまじぱーてぃー

 

 

 

日本人は裕福な生活のために働くのではなく、仕事のために生活していると思う

こちらの記事にもあるが、精神的な豊かさなんてない

最貧国のバングラデシュより日本の方が貧しい理由 - ジェイ・ステーション

 

 

かのスティーブ・ジョブズ

私が勝ち得た富は、(私が死ぬ時に)一緒に持っていけるものではない。

私が持っていける物は、愛情にあふれた思い出だけだ。

なんて言葉を残してます

 

参照↓

【人生を充実させる方法】平均寿命まで生きれると思って、無駄な時間を過ごして消耗してない?「死」をもっと意識して生きるべき。 | Be Creative!

 

 

生活>仕事

ではなく

仕事>生活

 

目的と手段が逆転してる気がしてならない

もちろん仕事=裕福な生活の人もいると思うからそれもいい

充実した生活してるのだろうから

 

しかしほどんどの人がなんとか暮らしていくために働いていると思う

自分もそうだったし

 

でもそんな人生つまらない!

皮肉にも会社員でそれを一番痛感しました

 

 

収入が安定しない分かなりのリスクを負ってますが今の生活のほうが何倍も楽しい

 

先が見えないのが怖いのではなくどんな未来があるのかワクワクしています

 

 

きっと辞めた際に感じていたもやもやは

未来ばかり気にして今を何も楽しめてなかったから

 

  

これはとうふメンタルな今までの私にはなかったので自分でも驚いています(

とにかくリスクを避けてきたので

 

今の私の原動力というか、信条は 

アドラー心理学にある「刹那を踊るように生きる」

 

最近見つけたいい言葉です

意味は「今この時を踊るように楽しく生きる」

 

 

長くなりましたが、

安定を捨てたこんな生活も悪くないですよ?

 

 

 

 

 

ぬつ