とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最新のオススメアニメランキングTOP5!


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

こんにちは!

 

今回はここ直近1〜2年でおもしろかった

 

個人的にオススメなアニメランキングを発表します

 

前置きは短くサクッといきましょー!

 

第5位 ダンジョンに出会いを求めるのは
    間違っているだろうか




 

 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、女神ヘスティアの所属ファミリアとなり冒険者となった少年ベル・クラネルは、場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。なすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつか彼女に釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 引用ーwikipedia

 

通称  ’’だんまち’’ です。

 

ファミリア(ギルド的なもの)を中心に話が 展開するのですが、

主人公ベルの真面目だけれどもちょっと残念な性格を楽しみ

ヘスティア(cv水瀬いのり)をひたすら愛でる内容です。

 

例のヒモで話題になりましたねー

 

海外メディアでも取り上げられたらしい(

 

 

 

第4位 やはり俺の青春ラブコメは間違っている。続

 

 

 千葉市立総武高等学校に通う比企谷八幡は、目が腐っていることと友達がいないこと以外は高スペックな高校2年生だが、高校入学時に交通事故に遭ったせいもあり高校でも友達が出来ず、その結果友達を作ることを諦めて「一人ぼっち」を極めようとしていた。妙な屁理屈をこねて、ぼっちな高校生活を謳歌しつつリア充を嫌い呪っていた八幡だったが、生活指導担当の教師・平塚静に目をつけられ、「奉仕部」に無理矢理入部させられる。「奉仕部」は、生徒の問題を解決する手助けをする部であり、静による紹介によって生徒が送り込まれて来るところだった。そこで八幡は、校内一の才女として知られる雪ノ下雪乃と出会う。引用ーwikipedia

 

かなり性格を残念な方向にこじらせてる八幡(はちまん)と

才女で美少女の雪乃の絡みが面白い!

 

普通の恋愛ものではなく

頻繁に起きる罵りや同級生との揉め事が見所です。

 

しかしそんな八幡なのにキャラの濃さが嫌いになれない!

 

キャラの濃さといえば唯一の仲間?

材木座 義輝の強いキャラも刮目すべし!

 

 

 

 

  

 

 天霧綾斗アスタリスクにある6つの学園の1つ「星導館学園」に特待生として招かれた。《星武祭》に興味があるわけではなかったが、自分の成すべきことを見つけるために転入を決める。そして祖国の友人たちを貧困や統合企業財体の圧力から救うために《星武祭》で優勝すべく一人奮闘する少女・ユリス=アレクシア・フォン・リースフェルトと出会う。彼女の眼差しから失踪した姉と同じものを感じた綾斗はユリスの力になる事を決意し、《星武祭》に挑むことになる。引用ー Wikipedia

 

最近よくある学園バトルものですが、

作画のクオリティがすごいです!

 

制作会社はA-1 pictures

SAOと同じ制作会社です。

 

キャラのデザインもですが、

バトルの迫力も必見!

 

 

 

 

第2位 GATE  自衛隊  彼の地に、斯く戦えり

 

  

 

 突如銀座に「」(ゲート)が開き、 モンスターを引き連れた中世ヨーロッパの騎士歩兵のような軍勢(約6万)が現れた。彼らは民間人を無差別に殺害し、その屍で銀座に屍山を築いた。しかし自衛隊警察の応戦により敵軍勢は壊滅、兵の1割を捕虜とすることで事態は収束を迎えた。(銀座事件)

門の向こう(特地)に膨大な資源が存在する可能性を知った日本政府は自衛隊を門の向こう(特地)に送る。特地派遣部隊は門を確保し、そこに大規模な陣を築きあげた。引用ーwikipedia

 

ざっくり説明すると

 

異世界の人に襲撃されたから自衛隊派遣して

現代兵器で無双して吸収合併しよう!

 

こんな感じです。

 

最初はなかなかにひどい内容だなぁなんて思ってましたが、

話が進むうちにとても魅入ってしましました。

 

話のテンポが良く、かつダークな部分もあり、

とてもクオリティの高い内容です。

 

 

 

 

 不慮の事故で命を落とした高校生の佐藤和真は、天界で女神アクアに異世界への転移を持ちかけられる。アクアは「異世界には望むものを1つだけ持っていける」と異世界転移の特典を持ち出しながら勧誘するが、アクアの態度があまりにも和真を味噌っかすに馬鹿にしていたために和真は激怒し、アクアを「異世界に持っていく"もの"」として指定する。引用ーwikipedia

 

通称 ’’このすば’’

 

いやぁこれはとても意外でしたねー

最初見たときは結構色物というか、割りとよくある異世界モノかなぁ

なんておもっていたのですが、

 

結論:まぁ内容がヒドイ(褒め言葉)

 

まず主人公は一般人

加護を与える女神もポンコツ

仲間も魔法単細胞と変態ドM

 

すさまじいブッ飛び具合!

だがそれがいい!(

 

 

なによりこの変態ドMことダクネスのCVが茅野愛衣さん・・・

そう、すばらしい!

 

これだけでも必見ですね!(

 

その勢いで2期まで決まるという・・・

このすばほど続編決定に驚いた作品は今までありません!

 

はやく2期見たいなー!

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

最近はファンタジー系の作品がとても多めですねー(特に異世界モノ)

 

しかし昔よりもストーリーや設定がしっかりしていると個人的には感じるなぁ

(2クールも結構多い)

 

 

まだまだ見きれていない作品も多いので、

随時更新していきます!

 

 

ぬつ