とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜社会を見放した〜このブログのタイトルの由来について(日本の労働環境は世界最下位)


SPONSORED LINK

人気記事セレクション ☆︎

こんにちは!

 

まだ始めたばかりのこのブログですが

日に日に見ていただける方が増えていてとても嬉しいぬつです。

 

今回はちょっと痛い?残念な?このブログのテーマについてです。

 

私は以前まで正社員で働いていました。

ですが今は完全に離職して社会上では無職となっています。

なので今は貯金で暮らしています。

 

私は文字通り社会を見放しました。

働くことは大事ですが、あまりに理不尽でくだらないことが多すぎる。

 

 

なのでこちらから見放してやりました。

(もちろん納税など国民の最低限の義務は果たしています)

 

 

確かに働かなければ生きていけません。

しかし、日本人は正社員という働き方に固執しすぎている気がする

 

これだけインターネットが発達した時代に、組織に所属するなんてあまりに

バカバカしい。

 

nutublog.hateblo.jp

 

 

もちろん勤労の義務を放棄するつもりはありません。

しかし組織に所属することはもうしたくない。

 

今は精神的に豊かな暮らしをするべく新たな道を進んでいます。

 

 

 

 

なぜ正社員に固執するのか



ではなぜ多くの人は正社員に固執するのでしょうか

 

・社会的名声

・生活の安定

・老後に備えて

 

こんなところでしょうか

 

正直どれも今となっては機能してないですね。

 

 

・社会的名声

→限りある時間を少ない給料で売っている名声なんて魅力なし

 むしろ上司の罵倒に耐えるのが仕事

 

 

・生活の安定

→最近はベースアップで少し上がっているが、

 そもそもが少ないわけで

 上がっているのも一部の職業のみ

 

 結婚しても共働きしてやっとの生活

 

 

・老後にそなえて

→おそらく年金もらえないでしょう

 むしろ年金というシステムがもう破綻しているのだから、

 少子化で働き手が少なくなっていったら

 年金の財源なんてない

 貯金もできない給与

 

 

このように多くの時間を売って少ない給料を受け取るなら

少しの時間を売ってより少ない給料でも大差ないですね

 

 

 

 

欧米では短い労働時間でも長期休暇がある



最近は特に世界基準でワークライフバランスが重視されています

 

 

www.innovations-i.com

 

ヨーロッパでは残業4時間を含む週39時間の労働契約!

残業を入れても1日8時間にも満たないなんて・・・

 

日本も1日8時間労働となっていますが、

守ってる人なんてほとんど見たことありません

(昔会社にいた暇そうな窓際のオッサンは速攻帰ってましたが)

 

 

アメリカなんかは日本より労働時間が長い場合が多いですが、

個人間の競争が強く、成果を出した分だけバックがあるので当然ですね。

 

日本は互いの足を引っ張り合うのが仕事なので

そんなことはもちろんありません。

 

私も営業成績を横取りされる日々でしたしね

今更ながらにプロフィールをば - 社会を見放した台湾ハーフ ぬつのぶろぐ

 

 

 

日本の労働環境はベトナム以下?



おもしろい記事を見つけました

 

thutmose.blog.jp

 

 

日本の労働環境は世界最低で

さんざん後進国だとメディアが取り上げるベトナム以下だというのですが

 

 

ベトナムでは労働時間は週48時間以内と定められ、違反すると12万以上の罰金が科せられるとのこと

 

豊かな生活のためにとてもいい制度ですね。

きっとこれだけでも現状よりずいぶん人間らしい生活がおくれるようになるなぁー

 

 

 

 

 

まとめ



そんなわけで今の日本の労働環境について書いてきました

 

こんな現状だからこそ私は社会を見放したわけです。

 

家賃も払えず困窮することとになったら

 

ロードバイクで日本をぷらぷらと旅するのも悪くないなぁ

むしろそっちのほうが望ましい。

 

その後は海外でもいってワーホリで働くのもいい

会社員だった頃はこんないろんな発想は出てこなかった

 

 

だいぶ荒んだ心も穏やかになってきたのだろうか

そのためにこのブログが収入源になると嬉しいなぁ(

 

そんな淡い期待を抱いて今回はここまでです。

 

ぬつ

 

 

 

 

合わせてこちらもどうぞ!

 

nutublog.hateblo.jp