とうふday

【初心者向け】テニスコーチおすすめの使いやすいガットまとめ〜ガットについて詳しく解説してます〜



SPONSORED LINK
人気記事セレクション ☆︎

2018/4/30更新

 

どうもーぬつですー

  

今回はおすすめのガットをランキング形式でご紹介!

 

 

 

ガットとは

ガットとはずばりラケットの網目の部分のこと。

 

プレーではラケットも大事ですが、

どのガットを選ぶか、またガットのコンディションが勝敗を左右します。

 

自分のレベル、プレイスタイルにに合ったガット選びが大切です。

 どんなに上達しても、自分の腕に応じてガットを変えないと

今以上の上達は見込めません

 

ラケット選びもそうですが、

ガットは消耗品だけに磨耗も早く、

張り替える頻度も多いので、

張替えの際にはガットの見直しも検討しましょう。

 

ガットの張替えの目安は種類によって変わりますが

基本3ヶ月〜6ヶ月になります

 

ガットの種類

ガットの種類は大きく3種類に分類されます。

 

 ・ポリエステル

ナチュラ

・ナイロン

 

これらは素材によって分類されます。

  

ポリエステルガット

現代テニスの象徴的ガットです

ハードな打感と耐久力の高さ(ガットが切れにくい)が特徴

 

なので学生や力のある男性に人気です。

 

詳しいポリエステルガットの解説はこちらをどうぞ

 

 

メリット

切れにくい

ガットが硬いので反発が強く、早い球が打てる

スイングが早いと擦る力も強いので伸びのある強いスピンが打てる

(ガットは動かないが、動かないことでボールを潰してスピンがかかる)

 

デメリット

ガットがすぐ緩む

テンションが落ちるとボールを飛ばしすぎてしまうので

 

アウトが多くなる

緩んだガットはゴムみたいになってボールを飛ばしすぎてしまいます

加えて腕に負担がかかるためケガしやすくなる

 

打感の硬いガットのため、力のない人が使うと、

ボールが飛ばずに、ネットにかかりやすいです。

 

その硬さによりで威力のあるボールが打てますが、

初心者にはあまり向いていないので、

基礎ができてから使う方がオススメです。

 

ナチュラルガット

ナチュラルガットは牛の腸で出来ている自然素材で作られたガット

手になじみやすく打感が柔らかいので、

年齢問わず使いやすいガットです。

 

メリット

ガットが柔らかいので、ボールを打つ感覚がわかりやすい

初心者の人はこの打つ感覚(真ん中に当たったか)で苦労する人が多いので

柔らかいナチュラルは初心者にもオススメ

 

ガットがよく動く

ガットがよく動くと、

スイングが早くなくても強いスピンがかかるので、

簡単にスピンボールが打てます。

 

手への振動が少ないので、ケガしにくい

ボールを打った時の振動を減らすことは、

手首、ひじのケガの予防に大切です。 

 

デメリット

値段が高い

→張り代抜きで6〜8千円します

 

水に弱い 

雨など水に濡れるとテンションロス

(張りの強さがバラバラになる)が起きるため、

濡れたら張り替えが必要になる。

 

→張り替えないと通常にはない変な振動がくるので、ケガにつながります。

 

その柔らかさからとても使いやすいですが、

値段が高いので、お金があるならナチュラルにするべきです。

ただ、始めたばかりの方はあまりお金をかけたくないと思いますので、

次に紹介するナイロンガットを張りましょう。

  

ナイロンガット

多くのテニスプレイヤーの標準的なガット

化学繊維で作られているため、ナチュラルほどやわらかくないが

ソフトな打感が万人向けであり、また値段もお手ごろなものが多い

(ラケットを買った時についてくるのはほぼナイロンガットです)

 

ナイロンガットの詳しい解説はこちらの記事をどうぞ

 

  

メリット

ソフトな打感のため、打つ感覚がわかりやすい

→真ん中に当たる感覚をつかむのが最初は特に大事です。

 

値段がお手ごろ

→幅がかなり広いですが、おおよそ張り代込みでもで1〜3千円の間で張れます。

 (ナチュラル1回分で2〜3回張れる・・・)

 

ガットがそこそこ動くので、スピンがかかりやすい

ナチュラルには負けますが、スピンがかかりやすいです

 

デメリット

結構切れやすい 

→私はへたすると1日で切れます。

 

ナイロンガットは練習量、打つボールの強さによってすぐ切れますが

初心者が使って切れることはほぼないので

ガットの劣化(約3〜6ヶ月)までは持つでしょう。

 

よってオススメは圧倒的にナイロンガット!

 

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

  

番外編〜ハイブリットガット〜

ハイブリットガットとは

ガットを縦糸と横糸で違う種類のものを張ることをいいます。

 

ガットは基本的に

縦糸:ストロークに影響する動きをガットがする

横糸:ボレーに影響する動きをガットがする

 

つまり縦と横で違う種類のガットの

オイシイとこ取りをしようという張り方で

 

どっちもポリエステルじゃ硬すぎる!

どっちもナイロンじゃやわらかすぎる!

 

そんな欲張りな方にオススメです。

 

最近のトレンドですが、テニススクールの上級レベル以上だと

半数強はハイブリットガットです

 

プロでも使用してる選手は多く、

錦織選手もポリエステルとナチュラルのハイブリットガットを使用してます

 

タテ糸:ルキシロン4G 1.25mm

ヨコ糸:ウィルソンナチュラル16(1.30mm)

 

詳しい錦織選手のプロフィールについてはこちらをどうぞ

 

 

ガットの張り方についての詳細はこちらを参照

 

 

実際どのガットをえらべばいいの?

では実際どれを選べばいいのでしょう?

答えは「どれでもいいです

 

・なんか見た目のグラデーションがかっこいい

・この色がカワイイ!

・ついてたやつでいいや

 

こんな感じで大丈夫です。

ただしこれは本当にテニスを始めたばかりの人に対してです。

 

・ラリーができるようになった!

・試合に出るぞ!

・すぐ上手くなりたい!

 

上記に当てはまる方はガットをしっかり選びましょう。

 

選び方としては下記をチェック

・ガットの種類

→基本はナイロンガットが無難

 

・ガットの太さ(1.25mm、1,30mm、1,35mm)

 →初心者は基本的には1.25mmで大丈夫です。

 

・メーカー

→オススメはbabolatのガットです。

 

初心者にオススメのガット!

上でどれでもいいと言いいましたが

実際に具体的なモノがあったほうが選びやすいと思いますので
私の個人的オススメガットを紹介します。

  

・ポリエステルガット

babolat プロハリケーンツアー 1.25mm

  

kirschbaum スーパースマッシュ1.25mm 

 

このガットはポリエステルとは思えないくらいやわらかい打感です。

だだし結構切れやすいです。

初めてのポリエステルにオススメ

 

ナチュラルガット

babolat  VSチーム 1.25mm 

 

babolatの定番ナチュラルガット

ボールを包むようなソフトな打感が特徴

 

babolat  トニックプラスボールフィール 1.25mm

 

VSチームより安く、ソフトな打感に加えて

ボールをよく飛ばしてくれます。

 

・ナイロンガット

babolat excel 1.25mm

 

気持ちのいい打感とガットがよく動くのでスピンがよくかかります。

ナイロンガットでは一番のオススメ

 

テックガット 1.23mm

 

とても柔らかく、万人向けのガットです

これからテニスを始める方に特にオススメ

スピンもよくかかります。

 

トアルソン T8

 

ナイロンガットの中でも硬めで、

ポリエステルはまだ硬すぎてしんどいけど、

硬めの打感が欲しい方におすすめ。

 

男性なら縦横、

女性なら縦糸に使うとストロークに伸びが出ます。

 

終わりに

いかがだったでしょうか

ガットはプレーに直接影響が出るものなので、

自分のスタイルに合ったガットを選ぶようにすると上達も早まります

 

またケガの予防にもなりますので

ガットの知識を持っておいて損はないですよ!

 

ただ、ガットは一人一人合うものが全く違いますので

より詳しく知りたい方はメールもしくはtwitterから

メッセージもらえればお答えしますので、

よろしくです!