とうふday

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「デスクの上が汚い人は仕事ができない」という言葉に妙に納得した話〜1日15分は整理整頓をしよう〜

f:id:nututenpura:20170428182444j:plain

 

どうもーぬつですー

 

私は昔とある金融機関で働いていたのですが

当時配属されていた支店にとても尊敬していた上司がいました

 

その支店長は会社の中で最年少支店長(32歳)、最年少役員(45歳)へ推薦されるなど、

数々の最年少記録を塗り替えた超のつく仕事のできる上司でした

 

そんな人のいる支店に配属になったので私も猛烈な勢いで仕事をしてました

口癖が「若いのは2年先の仕事を覚えろ」でしたからね

(1年目なら3年目、2年目なら4年目にする仕事をしろ、そのために学べという意味)

 

入社2年目で5年目研修に行かされたのはいい思い出

あとから転属になった4年目の先輩を後輩が指導するという非常に気まずい経験をしたりもしました

 

仕事に対する姿勢、考え方をいろいろ教えてもらい、今でもとても感謝しています

そんな上司に言われた中で特に記憶に残ってるのが、

 

「デスクの上が汚いやつは仕事ができないやつだ。

片付ける暇もないほど仕事を持っていて、俺は仕事ができると思ってるやつは勝手に思い込んでるナルシストだ」

 

という言葉です

 

 

 

どういう意味?

金融機関で扱う書類って決算書始め大切なものばっかりなんですよ

 

デスクが汚いということは整理整頓ができない人

→書類が散らかってたりでどこに何があるかわからない状態のデスクを放置してる

書類(決算書や審査書類)をそんな風に扱っているやつは、書類の重要性も意味もわからない、仕事の優先順位もつけられない無能だ

 

ということらしい

仕事ができる人というのは、仕事の重要性に応じて書類を常に整理整頓することで重要度の高いものから順次効率的に処理できる人のことを言い、

このことから仕事のできる人はデスクの上がきちんと片付いている人が多いとのこと

 

またデスクに書類が溜まってないということは、

いつまでも抱えてないでどんどん処理している人でもあるから

デスクに書類が溜まらないという意味でもある

 

ちなみに「無能だ」というのは何かあるたびに言っていて

仕事はできても見た目は完全にヤ◯ザだったので超怖かったwww

ブチ切れると古い建物の支店が揺れた思い出

 

 

 

もう一つの意味

「デスクが汚いやつは仕事ができない」という言葉にはもう一つ意味があります

 

「デスクが汚いのは整理整頓がする時間がないくらい忙しいからしかたないんだ」

豪語している先輩がいたのですが、

それをたまたま支店長に聞かれてしまったんですね

 

すると支店長は

「俺ですら1日15分は仕事を切って整理整頓しているのになんでお前はできない?」

「お前は俺より忙しいというのか?」

 

ものすごい説得力でした

 

そりゃあ支店で一番偉くて忙しい人に言われたら何も言い返せないですわ

 

この話を聞いて以来、どんなに忙しくても

1日15分は整理整頓に時間を使うようにしてます

 

 

 

まとめ

意味もなく理不尽に切れる無能なオッサンに言われても何も思わないけど、

同じ年齢層でもすごい人に言われるとものすごい説得力が生まれる不思議

 

みなさんの仕事場のデスクの上はキレイですか?(

 

 

 

ぬつ

 

 

 

 

テニスをするとすぐ足が疲れる、痛くなる人は専用ソックスを使おう

どうもーぬつですー

 

テニスをしている人の中にはすぐ足が疲れる、痛くなる人もいるのではないでしょうか

実はそれはテニスシューズだけが原因ではないのです

 

 

 

テニスシューズも原因ではある

足が疲れる、痛くなる一番の原因はテニスシューズの形、サイズが合っていないことです

履いているだけでなんか足が疲れるようならそのテニスシューズは合っていません

 

買う前には必ず試し履きをして自分の足に合っているか確認しましょう

 

詳しくはこちら

 

 

 

プレイしてると足が疲れる、痛くなる

テニスシューズは足に合ってるみたいだし、普通に履いてるだけででも痛くないけど

テニスを少しするだけで疲れたり、痛くなってしまう

 

その場合はテニス専用ソックスを使用しましょう

 

専用ソックスを使うメリットは?

専用ソックスはテニスをするときに足に負担がかかる部分が厚手に作られています

(特につま先とかかと)

なのでコートを走り回って踏ん張ったりしても疲れにくくなります

 

おすすめは圧倒的にヨネックス

 

 

ヨネックスのソックスは全体的に引き締めて作られていて

厚みがあるところは厚みがあり、それ以外のところは薄く引き締められているので靴下にメリハリがあり他の靴下よりも疲れにくいです

疲れにくいだけでなく、走りやすいのでプレイの質の向上にもつながります

 

 

 

まとめ

特に初心者の人は靴下は何を使っても一緒と思う人も多いかもしれませんが

上級者はほとんど専用のソックスを使っています

 

というのも、テニスが上達するにつれてラリーの時間も長くなり、

長くなるということはその分走ったりして足に負担がかかります

 

普通の靴下でも疲れないということはまだまだ足が使えないということなので

上達への一つの参考にしてみてくださいね

 

そして足がちょっとのプレイで疲れるのは足をしっかり使っているからということでもあります

 

その場合は専用ソックスを使って足への負担を軽減することで長時間プレイができるようになり、たとえ長い試合でも最後まで全力でプレイできること間違いなしなので、

試してみてくださいね

 

 

ぬつ

 

 

 

 

 

 

 

 

両手バックハンド上達のコツ〜利き腕と逆の腕の方が重要なショットになります〜

どうもーぬつですー

 

バックハンドが苦手な人って多いですよね

フォアハンドは得意だけどバックハンドにボールがきたらとりあえず当てて返すだけになる人も少なくないと思います

 

軟式テニス経験者の人はこの傾向が強いですね

 

その原因はフォアハンドは片手でしかも利き腕側だから自由に思うようにラケット振れるけど、バックハンドは両手で持ってる上に普段あまり使わない利き腕と反対の腕を使うので、慣れてない人はうまく打てなくてある意味当然なのです

 

今回は当てるだけでなく攻めれる攻撃的バックハンドの身につけ方についてまとめます

 

 

 

 

 

 

両手で握ったときの力の入れ方は?

両手バックハンドがうまく打てない人の多くはラケットの根元の方(グリップエンド側)、つまり利き手側の方に力を入れてしまいがちです

(右利きなら右手、左利きなら左手)

 

これは利き手で引っ張ってラケットを早く振ればいいボールが打てる!と思ってしまう

初心者特有の考え方です

 

両手バックハンドをうまく打つための力の入れ方は、まず両手に均等に力を入れて

ほんの気持ち強く利き手と逆の手に力を入れることです

(右利きなら左手、左利きなら右手)

 

両手バックハンドは別名、

利き腕じゃないもう一つのフォアハンドとも言います

 

バックハンドが得意になってくると均等な力の入れ方から

利き腕ではない方を強めに握る人もいます

(利き腕:反対=3:7くらい)

 

 

 

両足の位置、スタンスの向きは?

両手バックハンドは足の位置、向きが非常に大事

まず足の向きは肩幅に開いて前足と両足が並行です

 

そして並行の状態を崩さないようにして

前足のつま先を打ちたいコースに向けます

 

イメージとしては鉛筆を想像してもらって

とがってるほうが打ちたい方向(前足のつま先)に向ける感じ

 

鉛筆の反対側(削れてない方)の方も向ける方向の対角線上になると思います

そのイメージでバックハンドの後ろ足も対角線におきます

例えばクロスに打つ場合は打球方向と前足のつま先、後ろ足が

一本の線の上にくるようにします

 

ちなみにつま先は完全にまっすぐ前にするのではなく

多少斜め前に向いてる状態が普通になるので、文字どおりまっすぐ向けないようにしてくださいね

足首疲れちゃいますよ(

(あくまでそっちの方向に向けるというだけです)

 

 

 

バックハンドのコツ:発展編

ではバックハンドで攻撃するための少し難しい発展編です

バックハンドを強打するためのコツは

 

・逆の手の押し込み

・ヘッドを走らせる(ラケットの振り抜き)

 

この2点です

 

 

 

・逆の手の押し込み

上記でも書きましたが、バックハンドは利き手の逆の手がとても大切

強打するためには、ボールに当たった後に逆の手でボールをしっかり押し込むことが大切です

 

ただ、強く握りすぎるとラケットを振る速度が早すぎて、

ラケットにボールがしっかり当たらない(中心に当たらない)、

スイングが小さくなりすぎて全然ボールが飛ばないなどのミスが発生します

(ネットまで届かないことも)

 

この力加減を知り、ボールをインパクトする際に逆の手でしっかりボールを押すことができれば攻撃的なバックハンドを打つことができます

 

http://www.asahi.com/sports/gallery/2015zengo_op/images/20150126_11.jpg

http://www.asahi.com/sports/gallery/2015zengo_op/20150126_11.html

 

錦織選手のバックハンドもものすごい押し込みがあるから、

あの攻撃的なバックハンドが打てています

 

ちなみに両手バックハンドは手の間をつけてもつけなくてもどちらでもいいです

ただ、基本はつけることが多いです

 

離すと少し難易度が上がりますので、注意しましょう

 

http://k-bass.com/wp-content/uploads/2016/12/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC.jpg

 http://k-bass.com/3833.html

 

マレーは両手をつけて打つことが多いですね 

 ラケットを引くときに腕をまっすぐ伸ばすのも特徴です

(テイクバックのときに腕を伸ばす伸ばさないは好き嫌いがあるのでどちらでも大丈夫です)

 

 

 

・ヘッドを走らせる(ラケットの振り抜き)

特にバックハンドがアウトしてしまう人に多いのですが、

ラケットヘッドが背中まで向かず、ボールを打った後にラケットヘッドが前を向いた状態で止まってしまうのでボールに回転がかからず、アウトしてしまうのです

 

もちろん、そのようなショットもあるにはありますが、

普通のラリー、ベースラインで打つストロークでは使いません

 

基本はラケットヘッドが背中につくくらいまでしっかり振り抜く

=ラケットヘッドを走らせるといいます

 

ヘッドが走ると、ボールに強い回転がかかるのでアウトミスも減り

バウンド後のボールも高くはねるので、強いバックハンドになります

 

 

 

まとめ

両手バックハンドは一度コツをつかむと

フォアハンドよりもショットのばらつきが少なく、不調になりにくいショットなので

試合ではとても信頼できるショットになります

 

その理由は、両手を使ってるのでスイングに自由がない分、

逆をいえば常に同じスイング軌道でボールを打つことができるショットだからです

 

苦手だからとバックハンドを避けないでください

上達したい、強くなりたいのであればバックハンドの上達は必須ですので

上記を参考に練習してみてくださいね

 

 

 

ぬつ

 

片手バックハンドについてはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

集団心理って厄介だね〜集団になるほど議論できるようで散らかる〜

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/uni20160715370117_TP_V.jpg

 

どうもーぬつですー

 

人ってなんで集まると大人数で行動したり、強気になったりするのでしょうか

 

旅行とかでも遊びに来ているのに集団の空気読んでそんなに行きたくないところでも

多数決で決まってしまったら行かなくてはいけないのが非常にめんどくさいのは私だけでしょうか?

 

特に学生は小中高問わず派閥みたいなのがあるから輪に入ってないと辛いのはわかる

けど大学生以上の大人で必要以上に群れたがる理由がわからない

 

 

 

なんで人は群れたがるのか

私は大人数で行動したりするのが嫌いです

今思うと物心着いた時から一人で行動するほうが好きでした

(友達はちゃんといたよ!ぼっちじゃないよ!)

 

もちろん集団で行動しなければいけないときはちゃんと輪を乱さないように振舞って行動してたけど、長時間は正直しんどかった

 

例えば旅行とかで複数人で行くと行きたいところってわかれるじゃないですか

それで意見が別れて多数決で負けると旅行に来た意味とはってなります

 

まぁ集団で行くことが楽しい旅行もあるけど

せっかくなら見たいとこ行きたい気もする

 

 

 

集団心理がめんどくさい

旅行に限らず仕事でもなんか人って集まると全体的にはこっちがいいとか

謎の集団心理が働くじゃないですか

 

私の働いてる学校なんてそれが顕著で

一人一人の先生の意見は最もな意見が多いけど

科目ごとに集団になって話し合うと

なぜそうなったのかわけわからない意見を出してくる

 

もし先生の中にまともな考えを持ってる人がいたとしても 

個人的にはどうかなって思っても多数が白と言えばそれが通る

 

そういうのがなんか微妙

多数決じゃなくて全く関係ない第三者が入るならまた違ってくるのかもしれないけど

 

結局一人が最高!なんて言ってるとそれはそれでさみしいし、

仕事みたいに一人で完結できないものだって多くある

 

けど集団に依存しすぎないで1人でできることを増やすのは大切だと思う

 

 

 

おわりに

まぁどんな世界でも長いものに巻かれることは大切だたと思う

 

けど何でもかんでも

「〇〇ちゃんと一緒〜!」とかしてると

将来なにも一人で決められない大人になっちゃうから

特に学生の人は一人飯になれるとこから始めてみてはどうでしょうか(

 

 

ぬつ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張したり他人の顔色、視線が気になる人へ〜意外とは他人は気にしてないと知ればだいぶ楽になります〜

どうもーぬつですー

 

他人の顔色を伺ったり、視点を過剰に気にする人っていますよね

私もそうでした

 

https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK85_obieruwanko1313_TP_V.jpg

 

何をするにも誰かに見られている気がする

自分の行動が誰かを不快な気分にさせてるのではないかと心配になる

そしてそれで怒られたらどうしようかと変に想像して不安になる

 

そんな目に見えない謎のプレッシャーを感じてしまうこともありますよね

 

けど知ってしまえばそれは自意識過剰な考え方で

関係ない他人はそれほどあなたのことを気にしていません

 

 

 

私が他人の視線ばかり意識するようになった原因

私が他人の顔色、視線を気にするようになったのは親が原因ですね

 

小さい頃から何をするにも「見守る」というより「監視」されてるという意識が物心ついたころからありました

その「監視」の目をくぐって部屋に戻って物音たてようものなら

部屋までダッシュで追いかけてきて怒号の嵐

掃除しても勝手に家具の位置がずれたからまた嵐

 

母親は中国系の人なのでまぁ詰めてくるんですわ

父親は見て見ぬ振り 

 

そんな生活をずっとしていたせいか、親含めもう何年も他人の顔色を伺い、どこから見られてるかわからないからと、人の視線ばかり気にしてました

 

成人してからもそれは変わらず、

成人してるのに小さい頃から植え付けられてる恐怖からあまり言い返すこともできませんでした

 

まぁそんな感じだったので社会人になり関わる人も増えたので

家では親、会社では上司含めいろんな人の視線を気にしまくってたら

結局最後は精神的に壊れたのですが(

 

 

 

 

精神的に壊れた→目が覚めた

今まで他人の顔色や視線ばかり気にしていて、よく思われるよういわゆる八方美人的に振舞って生活してきたのに、壊れてからそれができなくなってしまいました

つまり当時の私はもう普通に生きていくこともできないと考えていました

 

しかし休職中にいろんな人のブログを見て、自分が今までどれだけ狭い世界を見ていたか、しょうもない考えをしていたかを知りました

正社員もいればフリーで自由気ままに生活してたり、

東京捨てて地方に移住してる人もいれば、日本はおろか世界を旅しながらその日暮らしをしている人もいました。

 

なんというか、知らない世界を知って衝撃を受けました

 

 

そして徐々に思ったのが、

親だろうが他人だろうが、自分の行動に文句を言ってきたってその文句が必ずしも正しいとは言い切れないということです

 

だってその人は1つの人生しか生きてないのに、その人のものさしが必ずしも自分に合ってるとは限らないですから

 

今までの自分で考えれば「壊れた」という表現ですが

新しい世界を知った自分で考えると「殻を破った」という言い方が合っている気がします。

 

言い方はあまり良くありませんが、

一回精神的に壊れると、まるで生まれ変わったみたいに他人の顔色や視線なんて全く気にならなくなりました

 

私の場合は親がきっかけですが、否定的な意見や敵対視してくるような人間とは関わるだけ時間の無駄ということに気がついたのです

(今まではそんな人間にも良く思われたいなんて思ってた)

 

昔の私が見たら信じられないくらい失礼だと思うような行動でも

何も気にせず動いた結果、それが何か悪い方向に転がって私に何か起きることもありませんでした

 

つまり、私の気にしていた見えないプレッシャーはただの妄想だったのです

 

 

 

SPONSORED LINK

 

 

 

 

 

他人は自分が思ってるよりも見ていない

私みたいに追い込まれて壊れてから気づくのでは遅いです

なので私の経験から言うと、

 

他人はあなたのことをあなたが思ってるほど気にしてないし

何か言われたからってその他人が正しいとは限らない

 

親を含め、家族だろうが自分以外は他人です

まだ自分で判断もできないくらいの子供ならまだしも

他人が気になるくらいの年齢だったら、この事に気づいて欲しいです

 

他人ばかり気にして自分をないがしろにしていると

いつか私みたいに精神的に壊れて部屋の天井を眺める事しかできなくなります

(具体的な症状はここでは伏せておきます)

 

いろいろ後遺症的なのはありますが、私は何年もかけてある程度治ったからいいけど、治らない人もいるのだからそうなったらどうしようもないです

 

優先順位は1位が自分で2位以下が他人です

他人にどう思われようが、自分のやりたいことだけをするようにすれば視線はいつしか気にならなくなってくるし、他人が気にならなくなれば人前に立ってるわけでもないのにただ生活してるだけで感じる無駄にな緊張もしなくなります

 

もちろん、他人を気にしないと言っても迷惑をかけていいわけではありません

ルールやマナーは守るべきです

 

ただ、他人をその辺の石ころと同じくらいに思っていればいいのです

石ころのご機嫌なんて気にしたりしないですよね?(

 

自分本位で生活してみると

いかに他人が自分に興味がないかがわかりますので参考にしてみてくださいね

 

その上で、自分にとって利益になる人だけと関わるようにすれば、

今よりも随分生きやすくなると思いますよ

 

 

 

ぬつ